英語力だけじゃない!『バリンガル 電話代行』

2018.09.02電話代行
Pocket

外国人とのビジネスは『バイリンガル 電話代行』の活用を

海外とのビジネスを求めているなら、お客様対応や商談において英語の必要性が高まります。英語の得意な社員が少ないなどの理由から、海外進出にためらいを感じているかもしれません。しかし、弊社の『バイリンガル 電話代行』を利用すれば、その心配はなくなります。ビジネス英語にも通じたスタッフが丁寧に対応しますから、新たなビジネスチャンスを獲得できるでしょう。

英語を活用するビジネスマン

海外進出に求められること

企業が海外に進出すると、一般的に社員は英語での顧客対応を求められます。今や英語は世界中に広がり、多くの国で話されているためです。商談などの場では、日常会話だけでなくビジネス英語にも精通している必要があります。

しかし、全ての社員が英語を話せるとは限りません。簡単な日常会話は可能でも、ビジネス英語までは使いこなせない場合があります。英語に堪能な人が留守にすると、話が進まなくなる恐れも出てきます。英語での対応業務が特定の人に集中すれば、その人の負担は重くなりかねません。

場合によっては、新たに人を雇うか、外部発注なども検討しなくてはならないでしょう。できれば、電話対応からビジネスチャンスを広げたいところだと思います。人件費もかかりますから、賢明な判断が求められます。

日本語スキル、ビジネスマナー、礼儀作法も大切

外国人相手の仕事において、英語力以外の要素も必要です。外国の方は、日本語を理解できないとは限りません。日本人と働くために、しっかり勉強している人もいます。きちんとした言葉使いで電話対応しないと、不信感を持たれてしまいます。たとえ外国人相手の時でも、担当するオペレーターは日本語スキルもおろそかにできないわけです。

ビジネスマナーは、お客様の国籍に関係なく身につけておく必要があります。いくら英語力があっても、マナーが悪ければ相手の方から信用されないでしょう。電話対応も、例外ではありません。相手の方が日本語に不慣れでも、あくまで仕事上の用件で電話をかけてきています。相手は日本語が理解できるビジネスパーソンという前提で、接する必要があるでしょう。

日本人は礼儀正しいと評価している外国の方も少なくないので、礼儀作法は大切です。礼を失する対応をしたら、日本文化に期待している外国人を失望させてしまうかもしれません。礼儀知らずと思われないためにも、相手の国の礼儀作法はもちろん、日本ならではの礼儀作法も理解が求められます。

『バイリンガル 電話代行』が活かせるポイントとは?

『バイリンガル 電話代行』は、英語での電話対応をスムーズに行えます。海外のお客様に商品案内できますから、顧客層の拡大につながるでしょう。ビジネスマナーをきちんと習得していますから、どの様な問い合わせであっても丁寧にお答えします。海外のお客様に対しても、貴社の印象を良くできるでしょう。

また、オペレーターはビジネス英語にも精通していますから、いろいろな業界の専門用語が使われても業務がとどこおる心配はありません。商談など大切な案件でも内容を的確に把握でき、新たなビジネスチャンスを逃さずに済みます。

『バイリンガル 電話代行』を利用すれば、取引を円滑に進められます。英語対応に不安があるという理由で、あきらめなくて大丈夫です。海外も視野に入れた事業展開をお考えなら、このサービスの有効活用をおすすめします。

英語力だけじゃない『バイリンガル電話代行』

外国人のお客様は、多くの場合、日本とは異なる環境のなかで暮らしています。文化や生活習慣が違うため、物事の考え方などが日本人と同じでなくても不思議はありません。外国人のお客様に対応する際は、この点にも配慮が必要です。

とくに電話対応はお客様とのコミュニケーションですから、異文化理解は欠かせません。日本人相手なら問題ない対応でも、外国の方は機嫌を損ねる恐れがあります。お客様の価値基準も考慮しながら業務を進めれば、喜ばれる可能性は高くなるでしょう。

弊社の『バイリンガル電話代行』であれば、外国人相手でもスムーズな対応が可能です。ビジネス英語を含めた英語力はもちろん、日頃の研修を通じてコミュニケーション能力の向上などオペレーターに求められるスキルも習得しています。お客様に喜ばれる対応を心がけて業務にのぞんでいますから、外国人のお客様にも満足していただけるでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ