パラレルキャリアとは

2020.04.06スタッフブログ
Pocket

パラレルキャリアとは、本業とは別に空いている時間を利用して別のキャリアを築くことです。似たような言葉で副業がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。パラレルキャリアと副業の違い、パラレルキャリアのメリットなどについて紹介します。

パラレルキャリア

 

「パラレルキャリア」

オーストリア人経営学者のピーター・ファーディナンド・ドラッカー氏が1999年に発表した著書「明日を支配するもの」の中で提唱しました。生き方やキャリアに関する考え方の一つです。パラレルキャリアはパラレルワークとも呼ばれます。パラレル(Parallel)は平行や並列という意味です。キャリア(Career)は経歴です。このことから、パラレルキャリアは複数の経歴を平行して磨くことと言えます。本業以外に別のキャリアを持つことです。パラレルキャリアは、現在の仕事以外に自営業やボランティア活動、別の団体や企業に所属するなどの活動を行うことです。収入を目的としない、さまざまな別の場所での活動です。本業以外にも別の活動に時間を割いて、本業と同様に取り組む姿勢から複業とも呼ばれます。

具体的には、サラリーマンとして仕事をしながらプロのミュージシャンとしてデビューした人。自分が書いた小説を出版した人。発展途上国の支援を行うNPOの代表。カフェのオーナーをしている人などです。企業間の競争が激しくなっている現代では就職した企業が倒産してしまうこともあります。それに備えて本業以外に別のキャリアを持つべきだと、ピーター・ファーディナンド・ドラッカー氏が著書の中で述べているのです。パラレルキャリアの目的はお金を稼ぐことではなく、スキルアップや夢の実現、人生を豊かにすることが目的です。パラレルキャリアによって得た知識やスキルは時として本業に良い影響を与えることもあります。

パラレルキャリアと副業の違い

副業とは収入を得ることを目的として本業以外の仕事をすることです。パラレルキャリアとは違って副業は必ず収入を伴います。ですので、スキルアップや自己実現は関係ありません。パラレルキャリアはその活動にしっかりと向き合うことが目的です。本人にとって、楽しさややりがいが優先されます。

 

パラレルキャリアのメリット

人脈が広がる

本業ではなかなか出会うことが出来ない人と出会うことができます。人脈は受け身では広がりませんので、講習などで得られる知識とは違います。新たなビジネスチャンスや収入アップのチャンスを得るためにも人脈はとても大切です。

 

様々な刺激を受けることができる

本業だけでは受けることが様々な刺激を受けることが可能になります。パラレルキャリアによって個性的な価値観を持った人、大きな困難を乗り越えた人と出会うことで大きな刺激を受けることができます。普段の生活では出会うことが出来ない人や出来事からも刺激を受けることができます。その刺激を日常生活に活かすことで、自身のスキルアップや視野拡大などに役立ちます。

タイムマネジメントのスキルが磨ける

パラレルキャリアで本業以外の活動をすると言うことは間違いなく忙しくなります。両方をこなすパワーはもちろん必要ですが、それ以上に必要なのが時間です。ですので、本業とパラレルキャリアを両立するために大切なのは時間管理と自己管理です。上手くタイムマネジメントすることができないと両立することが難しくなるため、自然とタイムマネジメント力が向上します。

夢を見ることができる

パラレルキャリアを小さく始めることで夢を見ることができます。本業をやりながら、できる範囲でパラレルキャリアをすることも良いことです。夢を現実にするために本業をやめるのは、とてもリスクがありますし勇気もいることです。本業をやりながらパラレルキャリアで諦めきれない夢をできる限りやってみる。そんなこともできます。結果的に自分の人生を楽しくするために始めたことが収入に繋がることもあります。

パラレルキャリアのデメリット

本業に支障が出てしまう

パラレルキャリアを実行することは、たくさんのパワーと時間を必要とします。また、自己管理、時間管理ができないと本業にも支障をきたします。自己管理、時間管理ができるようになるまでは、体調不良に陥ってしまうこともあります。そうなることもあるということを頭に入れておくべきです。

継続することが負担になることもある

パラレルキャリアによって自己負担のお金が発生する場合があります。パラレルキャリアを始める前にその活動によって、どれくらいのコストがかかるのかを理解しておく必要があります。新しいキャリアを築く為に始めたのに途中で挫折してしまっては何をしていたのか分かりません。おまけに自己負担金によって日々の生活を圧迫してしまっては意味がありません。人生を豊かにできるパラレルキャリアを選択するべきです。

パラレルキャリアを実行する為の注意点

本業の企業でパラレルキャリアの制度があるかを確認しましょう。また、パラレルキャリアの制度があるのか、認められているのかも確認しておく必要があります。事前申請が必要な企業もありますので注意が必要です。

パラレルキャリアについて紹介しました。本業以外の空き時間を活用した別の活動です。目的が人生の充実であることが副業との大きな違いです。パラレルキャリアでしか得られないスキルや知識を得ることができます。また新しい人脈を作ることもできます。この機会にパラレルキャリアとして本業以外の活動をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ