ワールドカフェとは

2020.01.22スタッフブログ
Pocket

ワールドカフェという言葉を耳にしたことはありますか。社内会議を行う際にこれでいいのだろうかと疑問を抱いたことはありませんか。活発な議論が行われる会議をしたいのに、発言するのは一部の人だけという会議になっていませんか。ワールドカフェ方式にすれば、色んな意見をたくさんの人から引き出すことができます。今回はワールドカフェについて紹介します。

ワールドカフェ

 

ワールドカフェ方式とは

カフェにいるようなリラックスした雰囲気で会議をします。それも少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行います。一つのテーブルには4.5人が望ましいです。参加者は1000人以上でも開催可能です。途中で席替えをしてテーブルのメンバーを入れ替えて対話をします。そうすることで参加した全員の意見や知識などを集めることができます。

会議らしくない会議にすることで、堅苦しい会議では出てきにくい意見を引き出すことが可能になります。参加者を少人数のグループに分けて会議をすることで全員に発言する機会を与えることができます。ワールドカフェ方式の会議は答えを出すための会議なく、新しい気付きを得ることができる会議です。参加者が自由な発想で意見を述べ合いお互いの理解を深めることができます。多様な意見に触れることで、参加者の価値観が変わるきっかけにも繋がります。

ワールドカフェのメリット

話しやすい雰囲気ができるワールドカフェは少人数に分かれて話します。実際に体験してみると分かりやすいですが、大人数で話すよりも少人数の方が話しやすいです。堅苦しい会議とは違う雰囲気でリラックスして意見を出すことができます。カフェにいるような感じですので相手との距離も近く、参加者は率直な意見を出すことができます。

発言する機会が増える

4.5人ずつテーブルに分かれて会議をするワールドカフェでは発言の機会に恵まれます。大人数での会議だと言いたいことを発言する時間がなかったなんてこともあるでしょう。ですが4.5人でするため、すぐに自分の意見を相手に伝えることができます。逆に相手の意見を聞くことも容易です。全体の人数が多くなっても、テーブルの数が増えるだけで発言の機会は減りません。

参加者全員の意見を集めることができる

テーブルごとに分かれて会話することで色々な意見を聞くことができます。さらに、テーブルのメンバーを入れ替えるごとに活発な意見交換が可能になります。テーブルですから少人数で会話しているにも関わらず、多くの人と意見の交換や知識の共有ができます。

人との繋がりを実感できる

参加者は色々な知識や経験を持っている場合が多いです。少人数で話すことにより、共感を得ることや、同一性を見いだしたりすることができます。お互いに話を聞くことができる環境のワールドカフェでは満足感も高くなりやすいです。参加者同士で親しみを感じることや信頼感を感じることもできます。ワールドカフェに参加することで人との繋がりを感じることができます。

ワールドカフェのやり方

開催目的の確認をする

ワールドカフェは解決策や結論を見いだすのには最適ではありません。お互いに自由に意見を出し合って、色々な意見や価値観を共有し相互理解を深めるのにうってつけです。ですので、どうしてワールドカフェ形式で開催するのかをしっかりと確認する必要があります。

会場の準備

ワールドカフェはカフェにいるような雰囲気を演出すると効果が高くなります。カフェで開催しなければいけないのではなく、場所は会議室でも問題ありません。参加している人がリラックスできる雰囲気を演出することが必要です。途中で席替えをすることを考えると少し大きめな場所が良いです。また、当日は飲食を可能にするのかなども決めておかなければいけません。

当日のテーマとプログラムを作成する

開催当日のテーマを決める。

前向きなワールドカフェにするためには、ポジティブなテーマにするべきです。「〇〇の問題は」よりも「〇〇を良くするには」の方が良いです。テーマが決まったら、当日のスケジュールについても確認しておきましょう。時間配分をどうするのかはしっかり決めておく必要があります。参加費用を決めることも必要ですし、当日の配布資料の作成もしておきましょう。

備品手配や役割分担も決めておく

テーブルや椅子はもちろんですが、他にもプロジェクターやスクリーン、模造紙なども必要に応じて用意します。飲食を可能にするならお菓子や飲み物も必要です。参加者リストや名札も用意します。また、当日の進行役や司会なども決めておきます。

受付、進行

会場設営が完了したら受付をしてワールドカフェを開催します。途中で席替えをしてメンバーを入れ替えながら行います。ワールドカフェのルールも守りましょう。ルールは、テーマに焦点を当てて参加者の意見をよく聞き対話を楽しみます。分からないことは質問して理解を深め、否定的な発言はしないで多様な意見を受けいれます。話し合った内容は模造紙に書き出すなどしてアイデアや意見を出し合います。テーブルの人数が多くなるとワールドカフェの効果が薄くなってしまいますので、一つのテーブルに参加者は4.5人までにします。最終的に話し合った内容を参加者全員で共有して終了します。

ワールドカフェはカフェのような雰囲気で参加者とたくさんの意見を出し合います。参加者は多くても問題がありませんが、一つのテーブルには4.5人程度にすることが大切です。ワールドカフェでは、新しい気付きやアイデアが出てきます。今までの会議になかった自由な発想も出てくるでしょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ