ネットショップのカートシステムの種類と特徴

2016.06.27スタッフブログ
Pocket

ネットショップのカートシステムの種類と特徴

訪れたお客様が商品を安心して購入できるように、ネットショップにはカートシステムが導入されています。ネットショップのサイトで気に入った商品を見つけた場合、代金の計算、支払方法、購入者の情報などを入力して購入しますが、このような管理をスムーズに行うために、カートシステムは必要不可欠と言えるでしょう。ここでは、ネットショップに欠かせないカートシステムの特徴などについて紹介します。

ASP型(アプリケーション・サービス・プロバイダ)

ASP型はレンタル式の受注、顧客管理システムで、カートシステムを丸ごと借り上げて手軽に運営できるのが特徴です。カートシステムのアプリケーションソフトを購入する必要もなく、サーバーの設置も不要で、これらを月額制でレンタルすることができます。

初期費用や月額の利用料金が安価なのがメリットとして挙げられ、手軽にカートシステムが利用できるため、個人や小中規模の事業者に向いていると言えます。また、常に最新のサービスが提供されているので、セキュリティ面でも比較的安心できるのもASP型のメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、低価格なサービスの場合は機能に制約があったり、独自性のあるデザインにすることが難しい点などが挙げられます。商品数や売り上げ規模がそれほど大きくない場合や、はじめてネットショップを立ち上げたい場合などにおすすめです。

パッケージ型

パッケージ型は、受注や顧客管理システムを含めたカートシステムのアプリケーションソフトを買い上げて、運用するシステムです。システムの立ち上げや運用、サーバーの設置などを自身で行い、作成したECサイトに組み込んで構築するのが特徴です。

パッケージ型はカスタマイズが自由であり、自社の特色や独自性を活かした特徴あるカートシステムが作成できるのが最大のメリットと言えますが、一方で導入や運用コストの高さ、バージョンアップした際に不具合が生じるリスクなどのデメリットも存在します。

どちらかと言えば、取り扱う商品数や売り上げ規模が大きい業者向けのサービスで、運用やメンテナンスがしっかりできるような体力も必要です。

オープンソース型

オープンソース型では、カートシステムのパッケージは購入しなければいけませんが、無償で提供されているものもあります。パッケージ版と比べて購入の初期費用が大きく抑えられるため、開発コスト削減に優れている方法と言えます。
またASP型に比べて、ソースコードの改変などカスタマイズも自由に行えるので、パッケージ型と同様に自由なカートシステムの構築が可能です。

デメリットとしてはメンテナンスコストが必要になり、コード改変に伴うバージョンアップなども自力で行う必要がある点が挙げられます。このタイプのカートシステムは中大規模事業者向けであり、コストを抑えた導入が実現できます。しかしながら立ち上げ後の運用、保守なども必要になりますから、エンジニアの設置などは充実させておきましょう。

このようにカートシステムにも複数の種類があり、自社の売り上げ規模や特色に応じたものを選ぶのがポイントです。上記を参考にメリットとデメリットを考慮して、ネットショップのカートシステムを選びましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

最新記事 by 電話代行サービス株式会社広報部 (全て見る)

お問い合わせ