他社からの乗り換えにも相談に乗ります。お気軽にお問い合わせを!

2017.09.08スタッフブログ
Pocket

秘書代行の乗り換えを考えないといけない時とは?

秘書代行を依頼し利用すれば、必ずしも満足できるとは限りません。もし、サービス内容に不満を感じているなら、業者を乗り換えることも選択肢のひとつとなります。そこで今回は、具体的に考えられる不満点と乗り換えのタイミングについて紹介いたします。

具体的に考えられる不満点

秘書代行サービス会社の乗り換えを検討する場合、何かしら不満があると考えられます。たとえば、料金は安くても丁寧に対応してくれない会社があります。これでは貴社のイメージが悪くなり、電話受付業務をアウトソーシングする意味もなさないでしょう。

また、「なかなか電話がつながらない」「いつかけても話中になる」「10回以上コールして電話に出る」と苦情が出ているケースもある様です。弊社にも、他の業者を利用して不満を持たれた方からよくお問い合わせをいただきますが、期待値通りのサービスが受けられなければ、他社へシフトされても仕方ありません。

その他、「料金が最初の説明と違った」「不要なオプションサービスを選んでしまったが、契約内容の変更はできないと後で分かった」「請求書が届いたが、聞いていない料金が計上されていた」など、代行会社のサービスや方針に不満を覚えて乗り換えを検討される事業者様も多い様です。この様な時は無理をして継続利用せずに、早めに他へ乗り換えを検討した方が無難だと思います。

秘書代行のサービスに不満を持つ男性

乗り換えのタイミングは?

契約を終了する場合、多くの会社では即日に解約できません。必要な書類をそろえるなど手続きの準備があるため、連絡があった月か翌月の締め日まで契約は継続されます。また、新たに他の業者と契約する場合、目的に見合ったサービスを提供してもらうのに、事前の打ち合わせが欠かせません。特に乗り換えであれば、同じ問題を繰り返さないために、確認作業は綿密に行う必要があります

乗り換えのタイミングは、まず月の途中より月初めが適しています。それまでに不満点を洗い出し、貴社が秘書代行を利用する目的を明確にしておきます。その後、どの様なサービスを望むか新たな依頼先に伝え、具体的な契約内容について相談します。ここでも、まだ慌てなくて大丈夫です。ひとつの会社にこだわる必要はなく、納得できる内容が示されたら、その時が契約を交わすタイミングです。納得できる説明義務をきちんと果たしているかどうかもまた、サービスを提供する企業の大切な務めだと思います。

電話代行サービス(株)では、他社から当社サービスへの切り替え相談も、随時受け付けております。乗り換えのタイミングや料金体系に関するご質問はもちろん、課題に適したサービスの選び方に関するご相談も受け付けますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ