2012年、世界的に携帯電話を販売した企業とは…

2013.01.29スタッフブログ
Pocket

日本ではiPhoneですが世界的に見てみるとスマホ市場は?

2012年、年間を通して。そして世界を通して携帯電話・スマートフォンを最も販売した企業は、お隣の国、韓国の企業。サムスン電子だったそうです。

スマホを使っての写真撮影

2012年の販売台数は2011年に売り上げたのは3億3090万台それよりも多い、4億600万台を販売したことを明らかにしています。前年よりも22.7%も増え、これにはスマートフォンと一般携帯電話の両方の数になります。

ちなみに、スマートフォンといえば「iPhone」のアップルですが、1億3680万台の第3位。その上には、ノキアというフィンランドの世界的有名な電信企業。もともは2010年に世界1位にいたのですが、サムスンの台頭によって下落していったようです。

他のデータとしては、2012年に販売された携帯電話の総数は17億1260万台となり2011年よりも0.2%減です。そのうち、スマートフォンが占める割合というのは31.8%ほどとのこと。さらに年月が勧めばこの割合もさらに広がっていくことでしょう。それほど、スマホの影響力というのは高いものです。一般の携帯電話の方が売れているように思えますが、世界的にみた数字であり、後進国などでは、利用者の多くは携帯電話なのでしょう。

とは言え、調査は2012年の話でありその後も同じであるかは別問題です。実際、後進国ではiPhoneなどの高額なスマホは持つことができず、中国製品の安価なスマホが爆発的に売られているそうです。

タグ : 画像
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ