グーグルグラスには極秘部門が関わっていた

2013.02.28スタッフブログ
Pocket

グーグルグラスが開発されウェアラブル端末が加速する?

近未来的な製品として、発表後から大変ネット上で話題を集めているのがグーグルグラスです。残念ながら日本での発売は決定してはおらず、注文が開始されたのもアメリカなどの話。

まずは、グーグルグラスというのは何かというところから紹介します。スマートフォンと同じOSを搭載しながらも操作するタッチパネルなどは搭載されていません。基本的には音声認識にて操作を行うユビキタスコンピューティングの製品といえます。見た目は「ドラゴンボール」に登場したスカウターというものに似ているので、公開された写真などをみて、多くの方がそう思ったようです。

そんな、グーグルグラスですが。どうして、オンライン検索サイトであるGoogleがそんなのを作ったのか。そこには極秘部門と呼ばれている「Google X Lab」が関わっているようです。その「Google X Lab」の中でも、二番目に大きなプロジェクトという話があるほど、このグーグルグラスへの力の入れようが知れます。

これらの話を裏読みすると一番商品化しやすいものだったのではないか、と勘ぐってしまいますが。他に現在公開されている研究目録としては、自動走行車「Google Driverless Car」や「ニューロコンピュータ」、さらには「宇宙エレベーター」まで。他にも話によると、「スマートコンタクト」なるものも開発中だとか。

検索結果だけで、みんなをドキドキさせるだけでなく。面白い商品の開発などにも力を注いでいることに、グーグルのこれからの活動に目が離せないですね。

タグ : 画像
Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ