163年間続いたインドの通信サービス

2013.07.20スタッフブログ
Pocket

インドで163年も続いた通信サービスとは一体?

まず、163年も続いたサービスとは一体なんでしょうか。すぐに答えに行ってしまうのも味気ないと思いますので、今回は少し遠回りで紹介をさせて頂きたいと思います。

163年も続いたサービスです。現在から逆算をしてみると1850年代。日本でいうと江戸時代の後期です。もう少しすると有名な黒船に乗ってやってくるペリーという人物が開国を迫ってきます。このような時代から使われている通信サービスというわけです。

それでは答えですが、その通信サービスというのは電報サービスになります。問題にするに合わせて、ヒントとして日本の江戸時代を引き合いに出してしまったため、そんな時代に電報が存在していたのか不安に思いますが、どうやらインドはそうでもなかったようです。

その頃はすでにイギリスの東インド会社が存在しており、正式にサービスとして開始していたそうです。そう考えると、日本というのはそれだけ遅れていた事実に、衝撃を受けてしまいます。しかし、163年前から続いていた電報サービスが終わりを向けたそうです。

インドは国土が広く、固定電話を普及させるには向かなかったことから、20年ほど前までは主要な通信手段とされていたそうです。しかし、20年前というと1993年、日本では「Jリーグ」が開幕した年です。江戸時代に比べれば、ようやく最近の話に感じられるようになりました。

この電報サービスが終了した背景には、携帯電話の普及があるようで、メールや電話が簡単にできるようになったため、電報を利用する人が居なくなったとのこと。

サービスが終了することを惜しんで、多くの方が最後の電報を送信するために並んだとニュースでは添えられています。

sumaho_ijiruna

しかし、電報は163年もの間続いた通信サービスと証明されました。その先の技術として電話が挙げられますが、未だに電話は固定電話から携帯電話、そしてスマートフォンへと進化を続けていますが、まだ現役で使われる通信手段です。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ