電話秘書とバイリンガル電話秘書の違い

2017.01.27スタッフブログ
Pocket

電話秘書は、英語での対応を行ってくれるプランを提供している企業もあります。そういうプランのことを英語対応可能な電話秘書サービス。と呼ぶこともあります、中には分かりやすくバイリンガル対応できる電話秘書と表現している企業もあるのです。今回は、バイリンガル電話秘書について解説していきます。

海外のビジネスマン

バイリンガル電話秘書の特徴

海外との繋がりがある企業の場合、英語や外国語の言語スキルが商談などの会談の際には必要になります。しかし、社内に英語が堪能な人材が1人しかいなかった場合、出張へ同行させれば社内の対応が回らなくなります。この時、英語による問い合わせがあっても、英語が分からないためにまともな対応もできなくなってしまいます。そのような事態を回避するため、バイリンガル電話秘書を利用される企業も少なくありません。

電話秘書とバイリンガル電話秘書の違い

バイリンガル電話秘書と基本的な電話秘書の違いは、英語を含む外国語対応ができるかという点です。しかし、どの程度の対応ができるのかが不明瞭なことも少なくありません。通常の日本語対応であれば、敬語が使えているか、相手に対して失礼のない応対をしているか、重要な項目を間違いなくヒヤリングできているかといった点が重視されますが、バイリンガルの場合も同じといって良いでしょう。

また、英語を母国語とするオペレーターを採用していたとしても安心はできません。英語では正確なヒヤリングができたとしても、日本語に翻訳する際にミスをしてしまうかもしれません。微妙なニュアンスの違いが出ることもあります。あまりにもミスが多い場合は、別の業者を使うことも検討したほうが良いかもしれません。

バイリンガル電話秘書サービスの料金設定は?

基本的にバイリンガル電話秘書サービスの料金設定は、意外にも通常の電話秘書サービスの料金より圧倒的に高いということもありません。もちろん、プランによって大きく変動しますが、多少高くなるオプション程度と考えておいて差し支え無いでしょう。この辺は、利用する企業によっても変動します。安い料金でバイリンガル電話秘書サービスが利用可能だからというだけで決めてしまうのは危険です。しっかりと信頼できるかどうかを考えた上で、契約を結びましょう。

英語やその他の言語を扱える人によって、サービス向上を狙っている業者も数多くあります。現在では、海外企業の発展、日本記号の海外進出などにともなって、外国語は重要になってくるでしょう。そんな中で、バイリンガル電話秘書は、非常に便利なサービスとなっています。ちょっとしたサポートとして利用するのも悪くないのではないでしょうか。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ