通信費削減のための下準備!知っておくべき方法!

2017.02.03スタッフブログ
Pocket

インターネットやスマホをはじめとして、通信費の高額化に悩みを持つ人は多くいます。どちらも今の社会では必須の道具ですから、手放すというわけにもいきません。ならば通信費を削減するしかないでしょう。

電話をする人

まずは通信費の平均を知りましょう

まずは通信費の内容と、平均金額を見ていきましょう。一般家庭の通信費はインターネット代、携帯・スマートフォン代、固定電話代の3つに収まります。それぞれ契約内容やプラン、契約している会社でそれぞれ若干の差はありますが、平均的な額だとインターネット代が5000円を少し超える金額で、携帯・スマートフォン代が10000円ほど、固定電話が2000円弱ほどになります。固定電話を引いていない人も増えましたが、それでも通信費としては人数分のスマートフォン分がかかっています。

インターネットの通信を節約

インターネットは速度が重要視されます。主流の光回線を使えば速さは確保できますが、利用料金は5000円を超えますし、今から導入するなら初期費用がかかるケースもあります。こういう時は比較サイトを利用して、プロバイダーや契約する会社を見比べてみるのが確実です。

プロバイダーはほぼ常時と言っていいほど頻繁にキャンペーンを行っていますので、自分にとって得な内容を行っている時に切り替えれば、その分お得になります。インターネットの契約だけでなく、電話や携帯・スマートフォン、テレビやケーブルテレビとセットで契約するプランを出しているプロバイダーもあります。

自宅でも外でも、Wi-Fiを利用して通信費節約

パソコンでインターネットはしないけど、スマホでしているという人のほうが多いと思います。だからこそ、スマートフォンの通信費の問題は常につきまといます。通信費を削減するなら安いプランに切り替えればいいのですが、それだと通信料制限にすぐ引っかかってしまいます。でもそれは、屋内でまで携帯会社の提供するパケット通信を使っているから、というケースがあります。

そこで提案したいのが、スマートフォンに備わっているWi-Fiという機能を使う方法です。Wi-Fiの回線を提供している会社が別なので別途料金は発生しますが、定額プランを見直すよりはお得です。自宅にWi-Fi環境を整えてしまえば、家にいる間はパケット通信量が消費されなくなります。

外出時でも、最近では駅などをはじめとした公共の場でもWi-Fiサービスが広まっています。個人経営の喫茶店ですら「Wi-Fi使えます」と書かれたステッカーが貼られている店が増えました。docomoやau、softbankの各キャリアが提供するWi-Fi網も広まっているので、これを利用しない手はありません。

wi-fiサービス

格安SIMに乗り換えて通信費削減

ここまでの方法は本当に節約という感じでしたが、格安SIMに変更する方法をとると、1万円以上のスマホ利用料が2000円ほどにまで激減します。

格安SIMと聞くと電波状況や通信速度などを心配する人もいますが、docomoやauの回線を借りるのが基本なので、サービスエリアや電波状況は大手のキャリアと比較しても大差ないというのが実状です。音声通話付きのものもありますので、アプリではなく普通の電話を使いたいという人でも安心できます。

注意しないといけない点がいくつかあります。最も大きな点は、格安SIMに対応している端末に限られる、ということです。デザインが好き、操作性が好きという理由でスマホを選んでいるのであれば、この削減方法は不向きかもしれません。もうひとつは、乗り換えにかかる費用です。元のキャリアで2年縛りの契約内容だった場合、解約タイミングを間違うと違約金が発生してしまうことがあります。

電気やガスなどの通信費以外も含めたセットプランも、電力自由化によって行われる様になってきました。光熱費の節約分も考えれば、そちらを利用した方が得という場合もあります。地域や周辺環境によって細かい差が出てしまうものなので、地域の状況をよく調べた上で、最もお得なプランを選べるよう工夫して下さい。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ