新築一戸建てを購入する際の失敗例を3つ紹介

2017.03.11スタッフブログ
Pocket

家を建てる時に起こる失敗を紹介

新築の一戸建てを買うということは、人生の中でかなり大きな決断です。多額の出資をするわけですから、失敗は許されません。今回はこれまでによく見られた失敗を例に挙げながら「どういったことに注意すべきか?」を確認していきましょう。

いきなりのプラン変更

一大決心をして新築の一戸建てを購入するわけですから、なかなか普通の気持ちはでいられないものです。あらかじめ決めておく項目は、かなりの数に上ります。スケジュールの関係であまり突き詰めて考えずにOKを出したことが、後々になって気になり変更を申し出るケースがあります。

例えば、壁紙の色がイメージしていたのと違っていれば、理想のカラーへと変えたくなるのが人の心理。妥協できずにそこで変更をお願いすると、家の完成が遅れることになります。当初、想定していた金額よりも高くなってしまうこともあるでしょう。そういったことのないように、発注をする際は時間をかけてひとつひとつを、こだわって決めていくことが大切。後回しにしてしまうと「その皺寄せがあとで必ずやってくる」ということを脳裏に焼き付けておきましょう。

建築会社が潰れる

想定していなかったことが次々に起こってしまうのが、人生というもの。
依頼していた建築会社の経営が立ち行かなくなり、建築途中で倒産してしまうというケースも報告されています。それほど頻繁にあることではないものの、可能性がゼロとは言えないのが怖いところです。

「もしも途中で倒産してしまったら……?」ということを、頭に入れておきましょう。どれだけ工事が進んだのかでお金を支払うような契約にしておくと、リスクの回避がしやすくなります。「一括で支払うものである」と思い込んでいる人が多いようですが、決してそんなことはありません。大きなお金を払う分、危険を避けるのに越したことはないのです。

配線の配置

意外と多いのが、コンセントの場所を不便な位置にしてしまい、あとから後悔するという事例。
全て完成して家具を持ち込んでみてから、判明することもよくあります。途中で気づいて建築会社に配線場所の変更を申し出ることも可能性ですが、余計な出費がかさみますし、計画に遅れが生じることは免れません。壁やドアの色、窓の位置などは意識しやすい場所ですので、ほとんどの人がしっかりと考える時間をとりますが、コンセントの位置を重視していない人がどうやら多いようです。

新築の家には何十年も住み続けるわけですから、どこに何を配置するかあらかじめ考えた上で、依頼するようにしましょう。

新築一戸建てを購入する際に、ついしてしまいがちなミスについて説明してきました。生涯で最も大きな買い物とも言えるわけですから、慎重に慎重を重ねた上で、様々なことを決めていきましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.

電話代行サービス株式会社広報部

お問い合わせ