トイレのつまりの根本原因と解決方法

2017.04.04スタッフブログ
Pocket

用を足して流そうとしたら、トイレがつまってしまい大慌て。パニックになってしまって、どうすればいいかが分からなくなることもあるでしょう。今回はトイレがどうしてつまるのか、つまりを起こしてしまった際にどうすればいいのか、などを具体的に記していきます。

つまる原因は?

つまってしまう原因で最も多いのは、排泄物やトイレットペーパー以外のものを流してしまうことです。買い置きのトイレットペーパーがなかったため、仕方なくティッシュペーパーを使って。ということもあるかもしれません。ですが、トイレットペーパーとティッシュペーパーは似て非なるもの。

トイレで使うペーパーというのは、最初から水に溶けやすく作られています。見た目が類似していても、性質が全く違うのです。また、起こしがちなのがトイレを掃除する際に使うウェットティッシュなどです。流してもつまらないものもあれば、流してはいけない紙を利用している製品もあるため、それらを混同してしまうのです。使用する前にチェックして置く必要があります。

ぬるま湯での解決法

トイレ詰まった時に解消する方法として、最初に紹介するのは「ぬるま湯」を使う方法です。

まず便器の半分ほどの容量になるぬるま湯。それに重曹と穀物酢を用意しましょう。この対処方法をする場合、投入する順番が需要になりますので、しっかりと守って下さい。投入するのはまず「重曹」から。そして次に「穀物酢」を投入します。そして最後に「ぬるま湯」を流しましょう。

もちろんですが、換気は重要です。トイレに窓があるなら開け、換気扇がある場合には、扉をあけて回しましょう。あとは、すべてを投入してから1時間ほど待てば化学反応によって詰まりが取り除かれているはずです。熱湯を使うと便器に対して負担になり、割れる可能性もあるので、ぬるま湯を使うようにしましょう。

バケツの使用

もっともシンプルなやり方が「水圧」による押し流しです。これはバケツに水を入れて大量の水を一気に流しこむというものです。

注意したいのは勢い余って周辺に多くの水が飛び散ってしまうため、周辺にはシートや新聞紙などを敷いて汚れないような対策を講じる必要があります。圧力としては他にも「スッポン」と呼ばれる「ラバーカップ」を使う方法が一般的です。

トイレのトラブルは意外と簡単な方法で直ることがあります。方法を知らなければトイレが使えなくなるかもしれませんが、いくつかの解決策を知っておくだけで安心できます。もしトイレをつまらせてしまったら、周囲にどういった道具があるのか、それらを使ってどのように改善するかを、まずチェックしてみましょう。

Pocket

The following two tabs change content below.
電話代行サービス株式会社では、電話応対のアウトソーシングを検討している方向けに、電話代行やビジネスに関する情報を発信していきます。 電話代行について相談する
お問い合わせ