コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

サテライトオフィスとは

 

時代の移り変わりとともに多様な働き方が求められるようになってきました。多様な働き方、また労働生産性を高めることを目的に働き方改革が促進されています。オフィスの在り方も多様化の傾向にあり、サテライトオフィスを持つ企業も増えてきています。サテライトオフィスのメリットとデメリットは何なのか。今回はサテライトオフィスについて紹介します。

サテライトオフィス

サテライトオフィスとは何なのか

企業が本社から離れた場所に設置するのがサテライトオフィスです。本社の衛星のように存在するのでサテライトオフィスと言われます。

一般的にサテライトオフィスには、オフィスとして機能するように必要最低限の通信設備が整えられ、仕事ができる環境が整備されています。業務に重点を置いた支店よりも、働き方に重点を置いたサテライトオフィスが注目されています。多様な働き方によって今後はもっと増えていくことが予想されます。

サテライトオフィスの種類

サテライトオフィスは設置する場所によって3種類に分類されます。

都市型サテライトオフィス

外回りの営業担当者にとって、業務が終わるたびに本社に戻らなければいけないのは、効率が悪いと言わざるを得ません。このような無駄な時間を無くすために、いちいち帰社しなくても仕事ができるように設けられるのが都市型サテライトオフィスです。

郊外型サテライトオフィス

通勤時間を短縮し、育児や介護等と仕事の両立を目的として郊外のベッドタウンに設置されます。そうすることで、今まで働きたくても働けなかった人材の確保ができるようになります。また、利便性の向上によって離職率の低下にもつながります。

地方型サテライトオフィス

自然に囲まれた環境でリフレッシュしながら仕事ができるように都会から離れた地方に設置されます。地方の優秀な人材の発掘にも繋がります。また、労働生産性の向上も期待できます。災害発生時のリスクを分散させることも可能です。地方自治体が誘致を行っている場合もあります。

サテライトオフィスのメリット

コストの削減

都心部でオフィスを借りるよりも安い賃料でオフィスを借りることができます。なかなか下げることが難しい固定費の家賃が安くなるのは企業にとってメリットです。また、勤務地が近くなることにより社員の交通費も削減できます。社員にとっても住宅の賃料が安くおさまる可能性が高く、生活する上で固定費の削減ができるのはメリットです。

人材の確保が可能

これから先、人材を確保することが難しいことが予想されます。サテライトオフィスを設置することによって、働きたくても働くことができなかった人材を採用することができます。

サテライトオフィスで働くことにより通勤時間が短縮され、家庭にいる時間も長く取ることができます。そして自分の時間が増えますのでプライベートも充実します。その結果、仕事とプライベートの両立ができ、社員の満足度も向上します。満足度が向上するということは、離職率の低下にも繋がります。

災害時も対応ができる

オフィスの機能が分散されることで、災害時や緊急時、トラブルにも対応しやすくなります。一定の地域に集中していると災害があった際の復旧に時間がかかりますが、分散することによってそのリスクも軽減されます。

サテライトオフィスのデメリット

セキュリティー対策が必要

共用型のサテライトオフィスの場合はPCやスマートフォンの画面を覗かれないようにする。また、電話等での内容に気を付けないといけません。個人情報や会社の重要な情報の漏洩に気を付ける必要があります。また、使用しているPCやスマートフォン、タブレットなどの紛失、盗難にも注意しなければいけません。

コミュニケーション不足が懸念される

サテライトオフィス勤務でも電話やメール、チャットなどで話すことはできます。ただ、サテライトオフィスの場合、実際に対面で話す機会が少なくなりますので、コミュニケーション不足が懸念されます。電話やメール、チャットで伝わらないこともありますのでコミュニケーション不足にならないような対策が必要です。本社での研修にも参加することが難しい場合も多くあり、個人のスキルやキャリア形成にも対策が必要になってきます。

自己管理が大切

サテライトオフィスで働く社員は比較的自由な働き方ができます。そのため、自己管理をしっかりできるようでないと仕事をこなすスピードが遅くなります。日々の日報、進捗の報告、勤怠の管理などを徹底する必要があります。

サテライトオフィス導入に際して

サテライトオフィスに適した部署の選定

仕事をする上で、対面でのコミュニケーションが必要な業種や部署はサテライトオフィスには向いていないでしょう。それよりも、管理部門や研究部門などはサテライトオフィスでも十分対応できますので、サテライトオフィス導入の際には社内にて事前の協議が必要です。

また、サテライトオフィスで働く人材に関しても選定する必要があるでしょう。家事や育児、介護などで通常の働き方が厳しい人は多様な働き方のひとつとして、サテライトオフィスで働くというのは有難いことでしょう。地方で働くことを望んでいる社員がいる場合もサテライトオフィスはうってつけです。サテライトオフィスを設置することは労力もかかりますが、サテライトオフィスを設置することによって、優秀な人材を確保できることにも繋がります。

多様な働き方を提供することができるサテライトオフィス。サテライトオフィスは地方創生にも繋がりますし、毎日の通勤地獄からも解放されます。導入を検討している企業も多くあり、今後もっと増えることが予想されます。サテライトオフィスにもメリットがあればデメリットもあります。自社にとってサテライトオフィスが社員の満足度向上、多様な働き方促進、生産性向上に繋がるのか検討することは大切です。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.