コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

覚えておきたいビジネス敬語

 

「社会人になったのだから、まともなビジネス敬語を使いましょう!」といわれてすぐ完璧に使いこなせる人は少ないのではないでしょうか?正しく使えていると思っていても、間違って使っているかもしれません。この機会に改めて自分の使っているビジネス敬語が正しいのかどうか確認してみましょう。間違ったまま使っていると、もったいないです。
今回は覚えておきたいビジネス敬語を紹介します。

勉強をする人

覚えておきたいビジネス敬語

「お疲れ様」「ご苦労様」

どちらもねぎらいの言葉ですが、立場が上の者から下の者に対して使うのが「ご苦労様」です。相手の立場に関わらず使えるのが「お疲れ様」です。基本的に目上の方には「お疲れ様です」と使用します。

「お世話になっております」「お世話様です」

現時点で既存の顧客や取引のある業者に使います。「お世話になっております」と「お世話になります」の違いから紹介します。

基本的にはそれほど違いはありませんが、使い分けるとすると、すでにお世話になっている関係なら「お世話になっております」これからお世話になる関係には「お世話になります」を使います。

これに対して「お世話様です」は若干ニュアンスが異なります。相手に対する感謝とねぎらいの意味が込められていますが目上の方に対しては使いません。宅配便を持ってきてくれた人や店員さんに向けて使います。ただ、ビジネスの場では「お世話になっております」や「いつもありがとうございます」を使用します。

「了解しました」「承知しました」

「了解しました」は同僚や目下の者に使う言葉です。目上の方やお客さまには「承知しました」を使います。

「なるほど」「おっしゃる通りです」

ついつい「なるほど」と使ってしまう方もいると思います。後ろに、ですねを付けて「なるほどですね」と使っても敬語としては使えません。このような場合は「おっしゃる通りです」と使います。先に「なるほど」と口に出してしまった場合は「なるほど、おっしゃる通りです」と使うと上手く使えます。

「どうしましょうか」「いかがいたしましょうか」

目上の方やお客さまに対しては「いかがいたしましょうか」と尋ねます。「どうしましょうか」は尊敬の意味が込められた言葉ではありません。

「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」

しばらく会っていない、長く連絡を取っていない方としばらくぶりに会うときに使用します。「お久しぶりです」も間違いではありません。しかし「ご無沙汰しております」と使う方がより丁寧で良いです。

「ご容赦ください」「ご了承ください」

「ご容赦ください」は、過失に対してどうか許してくださいという意味で使われることが多い言葉です。「ご了承ください」には、過失を詫びる意味は含まれていませんので使用する際は注意が必要です。

「お座りください」「お掛けください」

「お座りください」は敬語として間違いではありませんが「お掛けください」を使う方が無難ですし、聞こえも良いです。

「参考になりました」「勉強になりました」

目上の方には「勉強になりました」を使いましょう。「参考になりました」は考える足しにするという意味がありますので、目上の方には失礼にあたります。

「御社」「貴社」

どちらも相手方の会社に向けて尊敬の意味で使われる言葉に違いはありません。一般的には「御社」は書くとき、「貴社」は話すときに使用されます。貴社と声に出してみると分かりますが「貴社」は記者や汽車にも聞こえます。紛らわしいのを防ぐために話し言葉では「御社」が良いです。

「各位」「役職名」

「各位」や「社長」などにはそれだけで敬意が込められているので様は必要ありません。「関係者各位様」や「社長様」「部長様」は間違いです。「関係者各位」「社長」「部長」が正しいです。

「僭越ながら」

センエツと読みます。地位や立場をわきまえず、でしゃばることや出すぎた真似をすることを僭越といいます。失礼を承知で出すぎたことをしますがというところを「僭越ながら」といいかえて使います。

「ご自愛ください」

体を大切にしてくださいという意味です。「ご自愛ください」の前にお体をと付けたくなりますが不要です。「ご自愛ください」だけで問題ありません。

「つまらないものですが」

手土産を渡すときに使われてきた「つまらないものですが」の一言。最近は使わない方が良いようです。渡す側のへりくだった気持ちを表現しているのですが、つまらないものを渡すなと取る人もいるようです。「いつもお世話になっております。ほんの気持ちですが」等にして手土産を渡す方が良いです。

「とんでもございません」

「とんでもございません」は日本語の用法としては間違っています。正しくは「とんでもないことです」や「とんでもないことでございます」です。しかし最近発表された「敬語の指針」によると「とんでもございません」でも問題ないとされています。どれが正解かは使う場面と判断する人によって変わってくるでしょう。

「とんでもないことでございます」と正しく使っても、人によっては「私がとんでもないことを言ったのか」など、あなたの意図と違う意味で捉えられてしまうこともあります。適切な状況であれば「とんでもございません」は使用してもいい敬語でしょう。

「大丈夫」「大丈夫です」

大丈夫は敬語ではありません。特に目上の人や敬うべき相手には使用してはいけません。「けっこうです」「かまいません」「かしこまりました」「承知しました」を場面にあわせて使いましょう。

「構いません」

肯定の意思表示をする際に使われますが、使い方によっては色んな意味に聞こえてしまう言葉です。「結構です」や「差し支えありません」と使う方が良いです。

「すみません」

目上の方に対して謝罪をするときの敬語表現としては「申し訳ございませんでした」や「申し訳ありませんでした」が正しいです。「すみません」は正しくありません。

また、相手に何かを依頼したいときは「すみませんが」や「申し訳ありませんが」よりも丁寧な「恐れ入りますが」や「恐縮ですが」を使用します。

「お名前をちょうだいできますか」

上記の表現は丁寧な感じに聞こえますが間違いです。正しくは「お名前をお聞かせいただけますか」「お名前をうかがってもよろしいですか」です。名前はもらうものではありません。

今回は代表的なビジネス敬語を紹介しました。敬語の間違いは自分ではなかなか気が付かないものです。知っている敬語や知らなかった敬語、どちらも正しく使えるようになりたいですね。この機会に普段使っているビジネス敬語を見直して、綺麗な敬語が使える社会人になりましょう。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.