コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

ヤメ検とは?

 

過去の経験が生かされるとは限らない

検事の中には、弁護士に転身する人がいます。彼らはヤメ検と呼ばれますが、過去の経歴から実状にそぐわない期待をされています。また本人も過去に縛られ、いろいろな問題が起きています。そこで今回は、ヤメ検の実態について誤解や問題点も含めてご説明します。

弁護士・検察・裁判官が一堂に会する裁判所

ヤメ検とは?

ヤメ検とは、検事だった人が職を辞して弁護士として活動する人を指します。多くの検事は司法修習を修了しており、弁護士になる資格を持っています。また、定年まで勤務する検事は少ないと言われています。これらが背景となり、「ヤメ検」という呼称が生まれたと考えられています。

検事は、基本的に刑事事件を扱います。当時の経験が生かされ、ヤメ検は刑事事件において凄い手腕を発揮すると思われがちです。しかし検事と弁護士は、事件の被疑者や被告人との向き合い方が異なります。検事と弁護士はあくまで別物であり、検事時代の経験が弁護士としての能力に反映されるとは限りません

また過去の人脈などが生かされることを期待しても、捜査機関は影響を受けません。裁判において検察側は手心を加えないので、判決がヤメ検サイドに有利に働くことはもちろんありません。

問題点は?

検事は刑事事件を扱う立場にあり、職務上は民事事件と縁がありません。ヤメ検は、民事事件の知識が乏しく、経験も不足しています。そのため民事事件に関して、ヤメ検の処理能力は新人の弁護士レベルと見なされています。また刑事事件の場合も、弁護士としての法廷戦術には長けていません。事件の被疑者や被告人にとっては、ベテラン弁護士の方が頼りになるでしょう。

しかし、検事という過去が災いし、弁護士業務に支障が出ているという声が少なからず聞かれます。たとえば費用を相場より高額に設定し、依頼者とトラブルになる事例が増えていると言われています。被疑者や被告人に対しても、「弁護士ではなく検事の目線で見ている」と批判を受けることもあります。また弁護士として学ぶ意識を持てず、経験者から素直に教われないという弊害も出ている様です。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.