コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

ビジネス英語の覚え方

 

ビジネス英語は専門用語や丁寧表現が必要

外資系の職場に勤めると、ビジネス英語は欠かせません。会社によっては、英語を社内会議の公用語に指定しているところもあります。しかし、外国語の習得は容易ではなく、長続きしないという声も少なくありません。そこで今回は、ビジネス英語と一般英語の違いを説明し、あわせて英語学習におすすめの映画作品をご紹介したいと思います。

ビジネス英語を教える女性

ビジネス英語と一般英語の違い

ビジネス英語は一般の英語と異なり、ビジネスシーン特有の専門用語が多用されます。単語自体も親しみのないものが登場しますが、知っている単語であっても仕事上でしか使わない意味に遭遇します。

丁寧表現が多くなる傾向もあります。日常会話でよく使われる表現は、仕事場で話すと幼い印象を与える恐れがあります。そのため上司や取引相手との会話では、より丁寧な表現が好んで選ばれます。

これらは英語に限られた特徴ではなく、日本語でも仕事の話をしていれば普段は口にしない専門用語を避けられません。また職場では話す相手に関係なく、失礼にならない様に言葉を選びます。いわばビジネス英語は、何気ない日常会話とは異なるビジネスシーンに相応しい表現スタイルが望まれるのです。

おすすめビジネス英語の覚え方

ビジネス英語を習得するためには、馴染みのない専門用語や相手を意識した丁寧表現をたくさん覚えなければなりません。簡単な作業ではなく、途中で挫折せず長く続けるためには楽しく学ぶことが不可欠です。そこで有効となる選択肢のひとつが、英語版の映画を活用した学習法です。

実際に映画を選ぶ前に、いくつか注意する点があります。まず、どんな学習法も特効薬ではなく、映画を見ても簡単には身につきません。自分のレベルに合った作品を選び、繰り返し見ることが必要です。また、最初は内容把握のため日本語字幕でも問題ないですが、その後は英語字幕に切り替えないと単なる映画鑑賞になってしまいます。

ビジネス英語が飛び交う代表的な洋画と言えば、『ソーシャルネットワーク』や『プラダを着た悪魔』などがおすすめです。難易度は高いですが、娯楽性が高く親しみも持ちやすいため、繰り返し何度も見て学習する教材としてピッタリです。また、日本の作品でも、『魔女の宅急便』は英語版があり、単語も難しくないので楽しく学習できます。ぜひビジネス英語の習得に生かして下さい。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.