コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

トイレの豆知識

 

トイレにも寿命がある

トイレの交換はいつ頃がベストか、気になる人も多いでしょう。費用を抑えるために、自分で交換しようと考えている方もいるかもしれません。そこで今回は、トイレの耐用年数や交換作業の流れなど、知って得するトイレの豆知識をご紹介します。

トイレの耐用年数は?

国税庁のサイトによると、トイレの法定耐用年数は15年。しかしこれはあくまでも目安です。使用した年数に関係なくトイレは故障し、逆に長持ちする可能性もあります。専門業者の考えでは条件にもよりますが、トイレの寿命は10年~20年くらいです

まずは、実際の傷み具合などを確認するのが先決です。そのため、一般的な耐用年数を参考にしながらも、使用具合を見極めながら、分からないことがあれば業者に相談しましょう。

トイレ交換は自分でできる?

トイレ交換を業者に依頼すれば、それなりの工事費が発生します。出費を抑えたい人は、自分でも交換できるので挑戦してみても良いと思います。ただし配水管まわりは水漏れの危険もあるので、手に負えないと判断したら業者に頼みましょう

新しい便器を決める際の注意点ですが、デザインや機能だけを重視すると失敗します。付け替えられるかどうか、あらかじめ商品の規格などを確認する必要があります。場合によっては調節作業も必要になるため、購入前に業者に問い合わせておくと安心です。

商品が届いたら作業開始ですが、最初の水抜きを忘れてはいけません。きちんと処理しないと水浸しになりますから、交換どころではなくなります。給水管の止水栓を絞め、タンクと便器に残っている水も灯油ポンプなどで吸い上げます。それから便座や配水管など古いものを一通り撤去し、新品を取り付けます。最後に水漏れなどをチェックし、問題なければ作業完了です。

交換後のきれいなトイレ

便利なアイテムについて

最近のトイレは単に用を足すだけの場所ではなく、いろいろな目的で利用されています。ある調査では「考え事」「読書」「メール」などの結果が出ており、さらには「食事」をトイレですると言う人も。目的によっては長時間の利用になり、いろいろな要望も生まれています。

トイレの時間やスペースをさまざまなことに利用する人が増えた結果、扇風機や小型のエアコンを取り付ける人も多くなりました。その際は設置場所やサイズを考慮して選ぶ必要があります。また、多彩な壁紙を使ってトイレ空間の形成に一工夫凝らすのも、昨今見られるトイレ事情です。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.