コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

ビジネスシーンにおける「携帯電話」VS「固定電話」徹底比較!

 

「携帯電話」と「固定電話」の徹底比較

スマホ全盛の時代、携帯電話を持ち歩いてない。と答える人は町中でどれだけいるでしょうか?
街全体を合わせても一桁ぐらいしかいないかもと思えるほど少ないと考えられます。
ビジネスマンでも、会社から渡された業務用携帯を所有して外回りしている人は多いでしょう。その一方で固定電話を全く使わない、という企業も珍しいのではないでしょうか?
そこで今回は、固定電話と携帯電話、それぞれのメリットを比較することで、“ビジネス連絡の主役”はどちらがふさわしいか、探ってみます。

携帯電話のメリット

まず、携帯電話はビジネスシーンでどの様に生かされているか。そのメリットを下記に並べてみましょう。

  • 出先でもクライアントや会社に連絡できる
  • スマホであれば、ネットで簡単に情報収集も可能
  • 緊急時でも連絡対応が可能
  • 個別の連絡先を名刺に掲載できる

固定電話にはない、携帯電話のメリットは、やはり時間や場所を問わず、スムーズな連絡体制を築けることでしょう。ビジネスにおけるスピードの重要性は説明するまでもありません。そのニーズをくみ取れるのは携帯電話の持つ強みです。

固定電話のメリット

固定電話にしかないメリットについては以下にポイントをまとめてみました。

  • 固定番号があることで、企業や組織の信頼性が担保される
  • 固定電話の番号表示を義務づける特定商取引法の法的責任を果たせる
  • 電話帳や公式ホームページなど、番号情報が広く開示される
  • 個人レベルの電話応対レベルではなく、会社全体の品質基準を保てる

携帯電話がビジネス現場でも普及した今なお、多くの企業で固定電話は使用されています。
世間一般のフィーリングとして、携帯電話しか掲載されていない会社より、固定電話もしっかり表示されている会社のほうが信頼度も高く、安心されやすい点は見逃せないメリットです。

ビジネス連絡の主役として使うならどっち?

ビジネスの連絡ツールとして、携帯電話と固定電話、どちらが主役にふさわしいか。
それは、企業がどの様に両者の番号を位置づけているかで判断することができると言えます。
多くの場合、代表番号として表示されるのは、固定電話です。
携帯電話がビジネスシーンで使われるとしても、従業員個人の連絡ツールに過ぎません。
その点を考えると、ビジネスの現場でメインとなる連絡手段は、今でも「固定電話」と言えるのではないでしょうか。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.