コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

トイレのタンクから水漏れ!?その原因と修理方法をご紹介!

 

トイレからの水漏れも自分で対応?

トイレやキッチンというのは日頃から生活する上で利用する水回りです。そのため水回りトラブルが発生しやすい場所とも言えます。特にトイレ周りは毎日一回以上は利用します。
そんなトイレのタンクから水が漏れだしたら、修理ができるまで利用することができなくなり大変です。
今回はそんなトイレからの水漏れの原因と修理方法を紹介したいと思います。

トイレから水漏れが起こる原因

トイレの水漏れの原因には、給水管接続部から水漏れが起こる可能性があります。
トイレの給水管には、壁の中か床下から出ていることがあります。その給水管には、トイレのタンクまたは止水栓へとつながっていることがあります。
つながっている部分が緩んでくると水漏れの原因になります。また、開けたり閉めたりする栓で水が流れる仕組みになっている止水栓から水漏れが起こる場合もあります。
トイレにタンクがある場合タンクの手洗い器のホースやタンクの中にあるオーバーフロー管が開きすぎて水漏れを起こす原因にも繋がります。

トイレのタンクから水が漏れてきた時の修理方法

実際にトイレのタンクから水が漏れ出した時の修理方法をご紹介していきます。
手洗いの場がついたタンクには接続しているホースを調べてみましょう。ホースが外れていることがありその場で付け直すことで簡単に修復できたりします。
そして、ホースが破れていたり、パッキンが傷んでいた場合は、それらを交換する必要があります。
ホースの交換などの場合、ついていたホースをお店などに持ち込むことで、同じものを購入でき、知識がない状況でもミスなく商品を購入できます。

修理を始める前にしておくこと

トイレの水漏れが起こった時に自分で修理する場合、修理に取り掛かる前に行っておいてほしいことがあります。
それは止水栓を閉じることです。
なぜなら、止水栓が閉じられていなかった時、修理中もタンクから水が漏れでてしまうからです。
それでは修理中も水が溢れだすことになり、水道代を無駄にしてしまいます。

止水栓を閉める場合には、家屋全体の元栓から閉めるようにしましょう。そうすることで、家屋全体で水が使えなくなりますが、どこかが開いていることで漏れが続く。という問題もなく修理に集中できます。
止水栓に関して注意点としては、トイレになる止水栓は型によって形状が異なります。使用方法などがわからない場合にはサポートセンターへと電話して確認することをおすすめします。

そんな対応が面倒で、止水栓なてわからない。という場合にはプロの水道屋に依頼するのが早いかもしれません。

紹介したようにトイレの水漏れを発見しても落ち着いて対処することで
自分で修理を行うこともできる内容もあります。
どうしてもわからない時には修理業者へとお願いすることを考え、最初はトライしてみるのはありかもしれません。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.