コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

良くテレビなどで聴く国際弁護士とは?

 

テレビで活動している「国際弁護士」とは一体どんな肩書?

「国際弁護士」という肩書きをよく耳にする様になりました。
国際弁護士とはどんな法律家で、一般の弁護士とはどう違うのでしょうか?
今回は国際弁護士について詳しくご説明します。

国際弁護士という職業

テレビのコメンテーターの中には、国際弁護士を名乗っている方もいます。
弁護士の中でも、その様な特別な資格があるのかと思われがちですが、実際に国際弁護士になるための特別な試験があるわけではありません。

では、どういう人が国際弁護士を名乗っているかというと、「海外を舞台に弁護士業務を行っている人」あるいは「海外で弁護士資格を取得した人」などが多いようです。

国際弁護士でも、日本の弁護士資格があれば国内でも活動できます。しかし、海外の弁護士資格しか取得していないケースでは、国内での弁護士活動は認められません。

海外で弁護士資格を取得するには?

主に国際舞台をメインに活動している国際弁護士。海外で弁護士資格を取得する人も珍しくありません。では、海外の弁護士資格事情はどうなっているのでしょうか? アメリカで弁護士資格を取得する場合を例に説明します。

アメリカでは、それぞれの州が弁護士資格を認定しており、州をまたいでの法律業務はできません。たとえばニューヨークで弁護士資格を取得した人が、ワシントンで依頼を受けて裁判で弁護人を務めることはできない仕組みです。

アメリカでは、州によって司法試験の内容も異なるため、合格判定の基準も州単位でバラバラと考えていいでしょう。しかし、どの州の司法試験でも共通して求められる条件は、法律を使ってどう論理構成するかという、法的な思考能力です。

「訴訟社会」という言葉で言い表される通り、アメリカの法律に対する考えやスタンスは日本以上にシビアです。その様な社会的事情から、米国では一般市民でも基本的な法律知識を素養として身につけています。
その様な米国社会で弁護士として活動するには、さまざまな場面で物事に対する法的解釈力が求められるでしょう。日本人でも、アメリカで弁護士資格の取得を目指す場合は、基本的な条文の知識より、法的思考力に重きを置いた資質を問われることになります。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.