コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

知っておきたい!経理業務をアウトソーシングするメリットとは

 

企業が業務の効率化を実施するにあたって、有効な策はたくさんあるでしょう。ただ、懸念材料を考えると、経理業務を外部に委託することに対して消極的になりがちです。その大きな理由としては、社内で扱う数字や業績を表す情報が社外に出てしまう、という心理的な障壁が考えられます。

しかし、その障壁をクリアすれば、今まで以上に業務の効率化が図れるのは間違いありません。具体的な経理アウトソーシングのメリットはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

アウトソーシングにすることのメリットは主に6つ

1.度重なる法律改正に振り回されない

外部に業務を代行してもらうと、毎年改正される可能性がある税法や、社会保険に関する最新情報に基づいて処理してくれます。これにより企業側は内容を詳しく理解する必要がなくなります。税制が変わる度に、業務の間に勉強しなくてはならないという時間や工数が減り、業務に専念できます。

2.経理担当従業員の入退職を気にしなくてよい

今まで経理業務を担当していたのは、主に正社員や派遣社員でした。担当していた社員が退職する際は、引き継ぎや、新たな人員を採用することを考えなくてはなりません。

しかし業務を代行してもらえば、経理業務そのものを切り出してしまうので、実務担当者が企業の予期せぬ退職をすることになっても、それほど困らずに済みます。

3.人件費の削減に効果的

アウトソーシングを依頼した場合、業務はアウトソーサーのオフィスで行うのが基本です。そのため、人件費を含めた間接費の削減につながります。

4.業務の効率化

前任者がやっていた、独学的な仕訳のルールや帳簿の付け方が非効率なものでも、「昔からそうだったから」という理由だけでそのまま、ということは少なくないでしょう。このような無駄な部分を改善し、最適な業務体制を整えれば、業務効率は間違いなくアップします。

5.手間がかかって面倒だった業務からの解放

経理業務というのは、売上と伝票の付け合せや、経費の精算、売掛金・買掛金のチェックなど、とても手間がかかって面倒な業務が多いものです。それを代わりに処理してもらえるのは、その分他の業務に専念できるため、大きなメリットの1つかもしれません。

6.不正防止につながる

アウトソーシングを頼む際には、導入前に双方で業務内容を確認する必要があります。ルーチンワークからイレギュラー対応まで、起こりうる事象については引き継ぎ、その後も社員がいつでも状況を把握できるようにしておくことで、横領や着服の余地がなく、不正防止につながります。

費用は月額1,000円~数十万円とさまざま

実際にアウトソーシングへ業務を依頼することになった際、かかる費用は月額1,000円から、数十万円と幅が広いです。この差は、サービスの対象範囲や仕訳数の違いによるものです。1,000円ほどの場合は、個人事業者や小規模な企業が対象の料金であることが多く、数十万円する場合は、代行スタッフが依頼主の企業に常駐する時に多いです。また、業務改善の提案や、設計に対する構築費が含まれることもあるようです。

「作業範囲」「見込まれる効果」「業務の実施場所」などをよく考えて

自社にあったアウトソーサーを選定するには、まずは企業規模を考えます。次に依頼したい作業範囲や見込まれる効果、作業を実施する場所など、を検討材料にして選びましょう。

じっくり検討して自社にあったアウトソーサーを選ぶことができれば、より一層、業務の効率化につながります。その際には、アウトソーサー業に実績のある専門家に相談するのもおすすめです。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.