コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

活用すれば使用料半額!?お得なSIMフリー携帯って?

 

SIMフリー携帯を利用することで使用金額が減らせる?

便利で場所を問わず活躍するスマートフォンですが、情報通信、動画視聴、ダウンロード、ゲームの課金等日頃使っていれば結構な料金が発生します。
この使用料が浮いたら…なんて思うこともありますが、それを実現するのが「SIMフリー携帯」です。
知っておくのと知らないのとでは大きな差が生まれる「SIMフリー携帯」についてご紹介します。

「SIM」って何?

SIMとは、スマホやiPhone等を買った時に付属しているICカード(カードにチップを埋め込んで情報を記録するもの)の呼び名です。正しくは「SIMカード」と言い、頭の文字を取って「SIM」と呼ばれます。
これは携帯会社から発行されており、主に契約情報を記録しています。
このSIMカードを差し替えることで、複数の端末を同契約者として認識することができます。

「SIMフリー」ってどういう状態なの?

SIMフリー(SIMロックフリー)とは、契約者情報を記録しているSIMカードをどのキャリアの端末にも使用できることを指します。従来、日本ではSIMカードは特定のキャリアの端末にしか使用することができませんでした。
例えば、NTTドコモのFOMAに対応した端末は通信方式が同じのソフトバンク3GのSIMカードを使用できません。これを「SIMロック」と言い、この制限が外れた状態の端末を「SIMフリー」と言います。

SIMフリー携帯のメリット

SIMフリー携帯(格安スマホ)はSIMフリーでない通常の端末と比べると、使用料が半額に下げることができます。使用料が通常より下がる「格安スマホ」は「SIMフリー状態の本体機+格安SIM」のことを指しています。
専用の機器を使うことで使用料を下げると共に、海外の電話会社のSIMに対応できるというメリットがあります。

SIMフリー携帯のデメリット

SIMフリー携帯は大幅な使用料削減につながりますが、不自由な点も存在します。
代表的なデメリットはまず、キャリアによってはネット通信が1つしか対応していないことです。その場合、対応していないエリアでインターネット通信ができなくなる可能性があります。また、通信速度も場所や会社によって変動します。
その次に、メードアドレスがPC用のものになることです。これは迷惑メールとして認知され、相手に届かない可能性もあります。更に、使える機種が限られています。
SIMフリーにするには、格安SIMに本体機が対応している必要があります。一部機種は格安SIMに対応していない場合もあり、使える機種に限りがあります。他にも、テザリングが不可能であったり、アップデートの不具合、接続設定を自分でする必要がある等のデメリットがあります。

使用料がグッと抑えることが魅惑的な「SIMフリー携帯」についてご紹介しました。用途によっては不具合も発生するので、携帯の使用用途に合えば是非利用したい端末ですね。

 - 電話料金・電話通信費のマメ知識

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.