コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

持ち家やマンションの売却にはどんな費用が必要?

 

不動産の売却に関する紹介

マンションを売却すれば、ある程度のまとまったお金が手に入ります。しかし、不動産の売却には決して少なくない必要経費が発生することにも注意が必要です。今回は、持ち家やマンションを売却する際、必要な費用についてご説明します。また、消費税との関係についても合わせてお伝えしますので、マンションを売る予定のある方はぜひ参考にして下さい。

売却される不動産

マンション売却・必要経費の種類

不動産売却に必要な経費には以下の様なものがあります。

印紙税

買い主との間で取り交わす売買契約書には、印紙税がかかります。1,000万円以上5,000万円以下の物件では、印紙税15,000円が必要となります。

仲介手数料

売買を斡旋してくれた不動産会社に支払う仲介料は、売り主にも支払い義務があります。不動産会社によっては、無料や半額にできるところもあり、交渉に入る前に確認しておくことをおすすめします。

司法書士に支払う報酬

持ち家の所有権譲渡となれば、抵当権の抹消や登記情報の変更などが必要となります。これらは登記に関する専門知識がないとできないので、おそらくは専門家である司法書士に依頼することになるでしょう。必要となるのは、登記手続きや書類作成などの代行料です。

消費税はかかる?

不動産の売却において、消費税との関係も気になるところですよね。土地の売却に関しては、土地の譲渡が非課税取引に分類されていますので課税されることはありません。ややこしいのが、マンションや一戸建て住宅などの建物です。建物の消費税課税に関しては、以下の決まりがあります。

  • 建物の売却に消費税が課税されるのは、事業者のみ。個人の持ち家に対しては課税されない
  • 個人所有の持ち家で、たとえばマンションの家賃収入やテナント収入があれば課税対象となる

売却対象の建物の用途が住居にのみ使われている場合は、消費税を気にする必要はありません。ただし、建物に消費税は課税されなくても、仲介手数料は課税対象となりますので、こちらの負担は免れない点に注意して下さい。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.