コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

弁護士事務所に多く寄せられる相談は医療相談・交通事故・離婚?

 

古き良き日本では、身の回りに起こる問題について、双方で直接話すことによって、お互いが妥協して解決できる仕組みもあったものです。しかし今の日本では、隣に住んでいる住民の顔も分からない様な希薄な関係性では、本来解決できる問題も、こじれやすくなることがあります。

このような場合、弁護士事務所を活用することでスムーズに問題解決がなされる場合も多いです。
弁護士事務所で相談に応じてくれる内容の中で、代表的なものを詳しく見ていきましょう。

弁護士事務所に多く寄せられる相談内容~家庭で発生する問題

弁護士事務所への相談内容の中でも多い分野として、家庭内で発生する問題が挙がります。
家族だからこそ本来は本音で話し合い解決をするべきですが、近年は家族だからこそ言いにくい部分があると思っている方が増えている現状があるそうです。

ここからは今後も増加していくと言われる「家庭内相談」の内容を見ていきましょう。

離婚や子供の親権に関する問題

これから相談案件が減ることがないと言われるのが、離婚や子供の親権や養育権に関する問題です。
少し前の離婚は比較的若い年代の夫婦であることが多かったのですが、近年は高齢での離婚も少なくありません。

日本における少子高齢化によって離婚もより根深いものとなり、経済的な問題が大きな争点になることも多いでしょう。

親からの遺産相続に関する問題

家庭内で骨肉の争いに発展する傾向にあるのは、親や親族からの遺産相続問題です。
最近はかつてのような親と同居というケースが少なく、親の面倒を見ることに対して家族間でも負担割合が減って来ています。

そのため、遺産相続の段階になってから揉めるケースも少なくなく、弁護士のような第三者の仲介なしに解決が難しくなっています。

弁護士事務所に多く寄せられる相談内容~日常生活での問題

弁護士事務所の相談内容は、ごく普通の日常生活についても及びます。
現代社会というのは多くの人が様々な形でスレ違いながら生活を続けています。
その結果どうしても様々なトラブルが起こりやすいという状況が日常生活でもあります。特に日常生活での相談は切羽詰まったものも多く、早急な対応を必要とするケースも少なくありません。

交通事故での医療費や各種交渉に関する問題

例えば交通事故が代表的なケースです。
事故に遭えばその多くで健康被害が生じ、仕事や学業に少なからず悪影響が出ます。

面倒なのは医療費に関する交渉であり、事故の相手方との交渉が難航することも考えられます。

交渉のすべてを弁護士に任せれば、交渉もスムーズで治療費の捻出にも役立つでしょう。

債務整理や生活保護などに関する切実な問題

長らく続いている不況のあおりもあり、経済的に困窮する方も多くなりました。
それまでは順調であった仕事が急に落ち込み、収入などが減少して、債務を抱えるパターンも珍しくありません。

家庭によっては生活保護などを受けなければならないなどの切実な問題もあり、弁護士事務所での相談件数も増え続けているのです。

弁護士事務所に多く寄せられる相談内容~企業関連での問題

弁護士事務所が取り扱う相談内容は、個人的な案件に限ったことではありません。一般企業などの法人に関する相談も多く寄せられているのが現状です。

企業関連の相談案件になると、企業イメージを損なうことで売上に悪影響することもあります。ここでは、弁護士事務所が取り扱いやすい企業案件について詳しくチェックしましょう。

所属している労働者や近隣住民との問題

企業関連では急増しているのは所属スタッフの労務問題、そして職場周辺に住む近隣住民とのトラブルと言われています。

最近はブラック企業と呼ばれる悪質な企業も多く、労働による健康被害を巡って会社側と対立することもあるでしょう。

また、事業所からの悪臭や汚染物質の漏れなどが住民に悪影響を与えるなどのケースも弁護士の存在がなければ解決は望めません。

企業間の権利関係における問題

企業関連の相談内容の中には、企業間の権利に関わる相談もあるでしょう。現在は、経済のグローバル化が進み、企業提携先が多国籍になって来ています。

しかし、それぞれの文化や習慣の違いもあって、権利に関する認識に大きくずれがあるのも事実です。
弁護士事務所によっては国内案件に留まらず、国際案件に精通しているところもあるでしょう。

弁護士事務所へ相談する前に際に必ず注意すべきポイントは?

幅広い分野の相談案件を扱う弁護士事務所ですが、相談しようとする際に、特に初めての場合ですと躊躇してしまうものです。

相談に行くのであれば、できるだけ住んでいるエリアに近い弁護士事務所が良いですが、初めての相談となると想像が付きにくいかもしれません。ここでは、相談の際に注意すべきポイントを解説します。

弁護士にも得意不得意分野がある

実際のところ弁護士は法律の専門家ではあるのですが、すべての法律に精通している訳ではありません。医師にも専門とする診療科があるように、弁護士にも得意とする法律分野があるのです。

1人の弁護士はすべての案件に対応できるオールマイティーな存在ではないので、必ず相談内容の分野を専門としている弁護士を選びましょう。

住んでいるエリアはこだわらずに事務所を探す

しかし、住んでいるエリアによって人口規模が異なりますし、それであればエリアごとの在籍弁護士の数も異なるはずです。

それだけに、相談内容によっては対応してくれる弁護士がいないということもあり得ます。そのため、緊急に解決すべき問題であるのならば、エリアの縛りに捉われず、フレキシブルにあらゆるエリアの事務所を探すと、ニーズに合う事務所を探しやすくなるでしょう。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.