コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

不動産投資は空室対策が大事

 

不動産の投資に関して

老後の生活に備え、不動産投資で資産運用する人が増えています。しかし、多額の資金をつぎ込んでマンションを購入しても、空室ばかりを増やしたら収益確保もおぼつかないでしょう。そこで今回は、不動産投資の生命線ともいえる空室対策のポイントをご説明します。

空室の原因は何?

「A地区のあのマンションは常に入居率が高いけど、B地区のあのマンションはいつも空室だらけだな」
この違いはどこにあるのでしょうか?空室を作る原因を考えてみましょう。

  • 駅から遠く、バス停も全くないなど利便性が悪い
  • 築年数が長く、安全性や耐震性に不安が残る
  • エアコンや給湯器、お風呂・トイレなどの欲しい設備がない
  • 周囲に買い物できる施設が見当たらない
  • 治安が悪い
  • 1階に居酒屋やライブハウスなど、騒音で眠れない可能性が高い

これらの問題点や不安要素を抱えたマンション・地域だと、募集をかけてもなかなか人が集まらないことが予想されます。たとえ入居が決まっても、問題のあるマンションであれば短期間で転居される恐れもあります。不動産投資の前に、地域におけるマンションの売れ行きや空室状況を把握するリサーチが欠かせません。

大切なニーズ情報

入居者がどんな物件に住みたいと思うか、ニーズを的確につかむ。それが不動産投資で成功するかどうかの分かれ目といえるでしょう。

駅に近く、設備面も充実したマンションが人気あるのは間違いありません。その様な魅力ポイントのない物件でも、バリューを高めることは可能です。顧客目線で考え、“入居したくなるようなサービス”を見つけてそこに投資すれば、集客効果も見込めます。

たとえばリノベーションしてエコ住宅に改良するなど、付加価値性の高いマンションに生まれ変わらせることで、ほかのマンションにはない魅力が生まれます。また、家賃相場を徹底調査し、やや高い水準にあれば、引き下げを検討してみるのもいいでしょう。「礼金ゼロ」や「1か月賃料無料」などの特典・サービスなども意外性があって喜ばれるかもしれません。

顧客目線に立って魅力あるマンションとは何かを考える。この点を重視すれば、空室を生み出さない手堅い投資戦略が築けるかもしれません。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.