コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

不動産を買う前に!これだけは知っておきたい基礎知識

 

不動産を買う上で知っておきたいこと

マンションや住宅を買う、いわゆる不動産の売買は一生に1度あるかないかくらいの特別なイベントです。それだけに、不動産売買に関する基本的な知識はしっかり身につけておきたいもの。今回は、不動産を買う前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

手付金について

不動産の売買契約が成立したら、買い主は売り主に対して手付金を支払うのが基本です。手付金には、以下の3種類があります。

  • 証約手付金…契約締結の証として支払われる
  • 解約手付金…売買契約を解除する際に発生する
  • 違約手付金…当事者に契約違反があれば、損害賠償とは別に罰として没収される

一般的に、売り主と買い主との間で持ち上がるのは「解約手付金」です。買い主側の都合で解約となれば、買い主が支払った手付金を放棄することにより解約できます。また、売り主の都合であれば、手付金の倍額を差し戻すことで解約が成立します。ただし、この手付解約は「相手方が履行に着手するまで」とされ、すでに履行段階にある場合(移転登記や引き渡しなど)は上記条件の対象外です。

瑕疵担保責任について

「水漏れが起きた」「シロアリの被害が出た」「屋根の防水加工に不備があった」など、売買交渉では説明がなかった部分で建物の不具合が見つかった場合、買い主は契約の解除を求めることができます。この様な物件の瑕疵に対して、売り主側が負う責任が「瑕疵担保責任」です。

瑕疵担保責任の期間は売買契約に定めるのが通常ですが、定めがない場合、売り主が瑕疵担保責任を負う期間は「買い主が隠れた瑕疵を知ってから1年以内」となります。

契約の解除について

不動産売買の契約解除は、以下の様な理由認められるケースがあります。

  • クーリングオフ
  • 手付解約
  • 瑕疵担保責任
  • ローン特約(住宅ローンの審査に落ちた場合に認められる解約事由)

不動産売買の契約締結は、売り主と買い主の信頼関係をベースに成立したものです。これらのケースはまれで、実際にはそう簡単に契約解除できないというのが不動産売買というもの。この点もしっかり理解しておく必要があります。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.