コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

メリットの多い格安SIMだからこそ、知っておくべき注意点

 

格安SIM利用で抑えておきたい注意点

ここ数年で格安SIMへの乗り換えが、勢い良く進んでいます。
大手キャリアと比べた場合、月額料金がかなり安くなる格安SIMは、大きなメリットに見えます。
しかしこのような時ほど、冷静にデメリットも把握しなければいけません。
格安SIMブームの今だからこそ、知ってほしい注意点について記していきます。

増え続ける格安SIMユーザー

格安SIMがにわかに注目を集めだしたのは2014年
「大手キャリアしか選択肢はない」と思われていた携帯業界は、格安SIMの登場によって大きく流れが変わりました。人間という生き物は現金です。
「毎月1万円近い携帯料金を払う必要がない」と分かった途端、違う可能性を探るようになりました。しかし大手キャリアには、今、批判の的となりつつある『2年縛り』があります。
この契約があるゆえに、なかなか乗り換えが進まなかったのです。しかしdocomoが2年縛りの緩和の先陣を切り、他の2社もそれに続くようになりました。これは格安SIMへの流入に拍車がかかると判断して間違いないでしょう。
現に一年前と比較して、倍以上の人達が大手キャリアから格安SIMへと乗り換えているというデータが出ています。

これがないと乗り換えは不可能?

格安SIMへの乗り換えで最もネックとなっているのが、クレジットカードを持っていないと契約できない会社が多いことです。
フリーランスで仕事をしている人や学生の人達は、「クレジットカードを持ちたくても審査に通らないことが多い」と言われています。格安SIMへの乗り換え方が分かって知識を蓄えたのに、クレジットカードを持っていないという理由で、移行が進まないのは、かなりのストレスでしょう。
今後はデビッドカードなどで、携帯料金を支払えるようになるところが増えてくるかもしれません。
しかしそれにはかなり時間がかかるでしょうし、すぐに利用できるという状況にはありません。

キャリア携帯の通信に慣れていると

大手キャリアの強みは、何と言ってもその通信網の充実です。
全国どこへ行っても通信速度に、ほとんど変化が見られないのは大きなメリットと言えます。最近では格安SIMの通信もかなり改善されてきましたが、契約する会社は通信する場所によって、通信速度が遅くてかなり苛々する人もいるようです。
通信が遅くても特に気にしない人でしたら問題はないのですが、そうでなければ格安SIMは不向きかもしれません。

格安SIMへ乗り換える際に、どういった不都合があるのか、また乗り換えたあとのデメリットについて説明してきました。これらは移行を考える上で知っておくに越したことはありません。こういったことが分かった上で、携帯の移行をするのなら後悔もないでしょう。
携帯の乗り換えは、必ず入念な下調べが必要となります。ここに書かれていることを参考にしながら、自分にはキャリアと格安のどちらが向いているのかを考えてみましょう。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.