コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

毎月のパケットを見直してお得にスマホを使おう!

 

スマホをより良く利用するためにはパケットの見直し

月末になるとスマホに通信制限がかかって、画像や動画の表示が遅くなった経験はありませんか?
現代ではアプリを使ってネットを利用した電話もすることが出来るぐらいですから、ますますデータ量は増える一方でしょう。追加料金を払えば制限解除がされますが、わざわざ払うのはもったいないと思う方もいるでしょう。
パケット定額のプランだと一体自分がどのくらい使っているのか、分からない人がほとんどだと思います。
少しでもお得に便利に使うためにパケットについて紹介します。

パケットについて

パケットとは、携帯電話やスマートフォンなどのデータ通信において使われる言葉です。
積算で通信量を出す際の単位として使われています。1パケットが128バイトで換算されています。電話は使用時間によって金額が異なりますが、パケットはデータの量によって計算されます。
データのやりとりをする度に加算されていくので、その量によっては料金が高額になることもあります。文字でやりとりするメールではあまり問題はありませんが、ゲームや動画のダウンロード、パソコン用サイトの閲覧ではデータ量が多くなるため高額になる場合があります。では、そのパケットや料金を抑えるためにはどうしたら良いのでしょうか。

パケット定額制

まず、パケット定額制に加入することです。パケット通信の料金に上限が定められている制度です。あらかじめ定められた料金を支払うだけでメールや動画の視聴、ダウンロードを気にすることなくできます。パケット定額制はデータ量によってプランが複数用意されています。あまりサイトの閲覧をしない人であれば少ないプラン、動画を観たりゲームをよくする人は多いプランで契約するといいでしょう。

パケット定額の問題

一見、便利そうに見えるパケット定額ですが、いくつか問題があります。まず、月のパケット量を超過すると通信速度が遅くなります。今までスムーズに見れていた画像や動画などが突然見づらくなるのです。ゲームのダウンロードにもかなりの時間がかかります。また、料金が高額であることです。
パケット定額制に加入せずに使用する場合に比べるとはるかに安いのですが、それでも毎月の金額は電話代なども合わせると1万円近くにもなります。毎月多くのデータをやりとりするのであればいいのですが、月によってデータ量にばらつきがある場合には損をすることもあります。

明細書を見ましょう

毎月の明細書をきちんと見ていますか?
「店員さんに勧められたお得なプランに入っているし対して変わらないだろう」とすぐ捨ててしまっている人もいるのではないでしょうか。パケット通信料や電話代を抑えるために改めて確認しましょう。まず月々にかかる料金の内訳について説明します。スマートフォンを使用している場合、基本使用料、通話料、インターネット接続料、パケット通信料、ユニバーサルサービス料がかかります。もしスマートフォンの本体を分割で購入している場合には分割料と各種保険などが加算されます。携帯会社との契約年数や年齢などに応じて割引がされますが、それでも料金は高額になります。一番見てほしいのは、パケット量です。今月は何キロバイト使用したというのが記載されているはずです。先月までのパケット量と比べて見ることで、自分がどの程度使っているのかが分かります。もし契約している内容よりもはるかにパケットが少ない場合であれば、プラン変更をおすすめします。

スマートフォンが普及しつつある今、パケットは切っても切れないものとなっています。店員さんは最適なプランを勧めてくれますが、やはり一度使ってみないとそのプランが合っているのかは分かりません。毎月の使用料金を見直して賢くスマートフォンを利用しましょう。

 - 電話料金・電話通信費のマメ知識

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.