コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

格安SIMカードのメリットデメリット

 

格安SIMを選ぶ時に注意したいメリット・デメリット

月々の通信費をぐっと安くできる格安SIMカードへの乗り換えはメリットばかりのように見えますが、そこにはデメリットも存在します。
メリットとデメリットを比較し、自分の状況に応じて最適な選択をできるようにしましょう。

格安SIMカードは安さが最大の特徴

格安SIMカードは、決して安かろう悪かろうというサービスではありません。格安SIMにしかないメリットがちゃんとあります。
まずは、基本料金の安さです。これは格安SIMカードを語る上で真っ先にあげられるメリットです。プランによっては月額1000円を切ることすらあって、キャリアの提供するプランとは比較するまでもないほどの料金差です。もちろん格安SIMカードの料金も、通信量や音声通話対応などプランによって増減します。
格安SIMカードは音声通話対応していないプランが基本な上、対応していても従量制になっているプランが大半です。かけ放題オプションがついていなければ、電話をすればするほど料金がかかります。とはいえ、通話アプリが普及した現在、この点は気にするほどの問題ではないという意見もあります。
そうした通話アプリを利用する場合、月額1000円未満に抑えることすら可能です。仮に音声通話対応&かけ放題オプション追加のプランでも、月額3000円から4000円に収まります。
キャリアのプランと比べた場合、安さというメリットは揺るぎません。次に、固定回線とのセット割引の存在があげられます。格安SIMカードにもキャリアが行っているような固定回線とのセット割引があります。割引率で見ればさすがにキャリアのものに劣りますが、基本料金を更に安くできる上に、プロバイダーの変更だけで済むこともあります。
この場合なら工事が入ることもありませんし、不通期間もありません。格安SIMカードを提供する会社ごとに、一部の有料サービスを無料で利用できるようになる特典がついていることもあります。月額で数百円ほどするサービスが特典の対象になっていることが多く、金銭的なメリットだけでなく利便性の向上という面でもお得です。
新規契約者ならキャッシュバックやポイント還元、通信量の増量といったキャンペーンが実施されていることも多く、中には現金にすれば1万円分を超えるものもあります。

金銭面以外にもメリットはある

格安スマホと呼ばれる一部の例外を除けば、SIMカードのみで契約ができるという特徴があります。これは端末については自由に選べるということでもあって、使い慣れた端末を使ってもいいし、新しくSIMフリーの端末を用意してもいい、ということです。
プランが豊富なのも特徴で、格安SIMカードを提供するMVNOだけでも100社以上あります。それらの会社が提供するプランにはキャリアのプランにはない個性的なものも多くあって、じっくり探せば自分のライフスタイルに合致したプランを見つけることもできます。
もちろん標準的なプランも揃っていますので、今まで通りの使い方を維持することも可能です。縛りの緩さ、というのもある種のメリットと言えます。多くの格安SIMカードには最低利用期間や解約金の設定がなく、いつでも好きな時に解約できて、解約金が発生することもありません。いわゆる「何年縛り」というものがないということです。
音声通話に対応したものだと縛りなしというわけにはいきませんが、最低利用期間は半年から1年ほどと、キャリアの縛りに比べれば半分未満になっているものが大半です。携帯やスマホは移り変わりの激しい商品ですから、変えたいときにすぐ動けるというのは、意外と大きな要素になるかもしれません。

デメリットは無視できないものもある

支払いがクレジットカードでしかできないため、クレジットカードなしでは契約できない点は、よくあげられるデメリットです。格安SIMカードに対応した端末を別途用意する必要がある上、実質0円などのキャンペーン価格での購入がほぼできないのも難点です。
ある程度まとまった額を用意する必要があるので、初期投資額が高くなりがちです。とはいえ基本料金の安さを考えれば、数万円の端末を買ったとしても1年以内に元を取ることも十分現実的な範囲です。
ただし、店舗でのサポートが受けにくいことや、OSのアップデートで不具合が起きる可能性は、キャリアのものよりもずっと高くなります。動作保証がされていないものも多いので、最悪動かなくなることも考えられます。

格安SIMカードは、安かろう悪かろうではありません。ですが、メリットとデメリットの両方がある、ある程度知識のある人向けと言えるものかもしれません。
どうしても格安SIMカードを使いたいがよく分からないという人は、SIMカードと端末を同時購入できる点と、サポートの充実している点でMVNOを選ぶといいでしょう。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.