コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

よく耳にする民泊について解説!果たしてその実態は?

 

民泊の詳しい情報をまとめて紹介

テレビや雑誌などを見ていても、よく『民泊』についての特集が組まれています。日本の様々な場所で行われている民泊。今回はその実態について詳しく解説していきます。

民泊の概容

まずは民泊という言葉について正確に知っておきましょう。「泊まるために提供されている空いた別荘や、人が住んでいないマンション、個人の家や部屋で宿泊を行うこと」というのが民泊なのです。住居に使っていないスペースをそのまま遊ばせておくのは、かなりもったいないと考える人が多くいたことが、昨今の一大民泊ブームへと繋がっていきました。リーズナブルな料金で宿泊を提供していることから、外国人の方もたくさん利用しています。

旅館業法と民泊

民泊では、個人で使用している宿泊可能な部屋を提供するのが多いです。宿泊に関する規定というのは、旅館業法によって定められています。多くの民宿は旅館業法に照らし合わせた場合、条件を満たしていませんでした。ほとんどの民泊が営業できなくなるということも考慮され、旅館業法が改定されたのです。このことで、民泊産業が一層、隆盛を極めるようになったと言えます。

民泊の危険性

「民泊を利用すれば、バラエティに富んだ人達との交流が可能で何だか楽しそう!」と思われる人も多いことでしょう。確かにそこでしか得られない出会いがあるのは事実ですし、見知らぬ人とのコミュニケーションというのは、民泊の魅力であることは否定できません。ただし、危険があることも知っておいた方がいいでしょう。

例えば、格式高いホテルでしたら、警備態勢が整っておりますし、身なりがボロボロで怪しい人が出入りすると、すぐに警戒されます。しかし、民泊はそういった容姿をしていても、特にとがめられることはありません。自由と言えば自由なのですが、衛生状態へのこだわりが強かったり、危険なことは極力避けたいという人には向いていないと言えます。敷居が低い分、危険な人との距離もそれだけ近いということを、いつも念頭に置くようにしましょう。

お金があまりないとき仲間と旅行をするなど、用途に合わせて民泊を利用することをおすすめします。何も知らずに「とりあえず面白そうだから」といった理由で、民泊を利用すると、後悔することになるかもしれません。特に、女性ひとりでの民泊は危険がつきものです。初めて民泊するときは、1人で行かずに、必ず信頼できる友人や家族と足を運ぶようにしましょう。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.