コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

旅館の法律を知れば民泊経営がすぐできる!?旅館業法とは?

 

旅館業法を読み解くことで民泊がわかる?

旅館業法という言葉を聞いたことのある人は、民泊に興味を持っている人かもしれません。商売を続けるには当然、法律を遵守する必要があります。今回は旅館に関する法律、旅館業法を紐解いていきます。

旅館業の定義

旅館業というのは、「宿泊代金を受け取り人を宿泊させる営業」が旅館業と見なされます。さらに噛み砕くと「寝具を使っての施設の利用」が宿泊に当たります。もし、宿泊料金の受け取りがなかったのなら、旅館業法の適用を受けることはありません。なお、寝具の貸し出しで発生するお金や、寝具のクリーニング代、掃除にかかる料金、光熱費、水道代なども宿泊料に含まれます。つまり、宿泊というのはこれらを含めた旅館業法に含まれたものになります。

そもそも法は何を指す?

例えば「法律と法令の違いについて説明できますか?」とたずねられれば、どの様に答えますか?旅館やそれに関連することで生計を立てたいと考えている人は、こういったことについて、正確に答えられるようになっておいた方がいいでしょう。

法律は「憲法に基づき国家の立法機関によって制定されている文章に書き記された法」です。一方の法令は「省令や政令と法律がミックスしたもの」なのです。似ているようで微妙に違うふたつの言葉。良い機会ですので、覚えておきましょう。

旅館業法とは?

旅館業法を一言で表すのなら「国会で定められた法律」です。国会の審議が行われ決められるルールですので、旅館における業務の礎になると言っても過言ではないでしょう。「旅館業とは一体何を指し示しているのか?」というのは、旅館業法の中で記されています。

なお旅館業法を補う形で存在しているのが、旅館業法施行令です。旅館業法だけでは説明が難しい部分を、こちらの施行令が上手く補完しているのです。

2016年に改正されたのは?

2016年の4月、旅館に関する法律が変更されたと話題になりました。正確に言うと、改正されたのは先ほど出てきた旅館業務施行令の方です。旅館業法は国会の審議によって改定されるのに対し、旅館業法施行令は、内閣によって改定されるのです。旅館にまつわる法律について知りたい場合は、まず旅館業法をしっかり頭に叩き込んだ上で、旅館業法施行令について理解していくといいでしょう。

旅館業法についての詳細を解説してきました。混同されがちな旅館業法と旅館業法施行令の違いを理解しておくことは、旅館に関する業務を行う上でとても重要なこと。旅館業法は頻繁に改正されることは基本的にありません。しっかりと覚えておきさえすれば、きっとのちのちまで役立つことでしょう。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.