コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

個人での運営は困難!?民泊代行業社に依頼するメリットを解説

 

民泊を行う上で電話代行というメリット

民泊が一大ブームを巻き起こし、過渡期に突入していると言われています。簡単に始められそうなイメージのある民泊。しかし諸々の手続きなどを含めると、そうそう簡単にはスタートさせられないという意見も。今回は民泊の代行をしている会社に、仕事を依頼するとどんなメリットがあるのかについて分かりやすく説明していきます。

提供される民泊

初期段階ですべきこと

どんなことでも始める上で、最初の手間というのは必ず発生します。それは民泊でも同じ。まずは代行業者へ頼む前に「どういったことをしなければならないのか?」を知ることから始めましょう。

最初は「どこで民泊を営業するのか適した物件を探す」ところから始まります。もし手近ですぐに使えそうな民家などがあればいいのですが、なければ一から探し出さなければなりません。合法的に民泊経営を行っている上で、必ず営業許可証が必要となります。許可を申請して届け出なければいけません。民泊を営業する際に、部屋などがすぐに使える状態であれば問題ないのですが、そうでなければリフォームが求められます。またサイトなどで紹介するためには、外観や内観の写真も必要となることでしょう。

ここまでくるとあとはもう少しです。「どの様な経路がアクセスしやすいのか?」「設置されている家電の使用方法」「絶対に守って欲しいマナー」などを民泊の利用者に向けて、わかりやすいマニュアルを作成しましょう。文字情報のみならず、写真やイラストなどの視覚情報を入れると、より伝わりやすくなります。

運用について

続いて運用について解説していきます。まず利用者からの問い合わせに対応しなければなりません。利用者がいつ泊まりにくる、などが確定すると、当日のチェックインへの応対と鍵の受け渡しが必要となります。一泊の使用でも、部屋が汚れることもありますので、チェックアウトが済むと掃除を行わなければなりません。その他、利用者の体調が突然悪化した際や、利用者同士でのトラブルが起こったときなど、緊急時の対応が必要となります。

民泊運営は多忙を極める

すぐに民泊の経営に使えるような施設がある場合は別にして、何もない状態から民泊を立ち上げるのには、かなりの労力が必要になることが分かってもらえたのではないかと思います。民泊の経営に携わろうとしている人は、それ以外の業務を持っていることもよくあります。他の仕事と並行して行えるほど、民泊業務は甘くありません。また接客が苦手な人は、それが原因で客足を遠ざけてしまうこともないとは言えないでしょう。代行業者に依頼するというのは、懸念しているそれらの事案を全て解決できるということなのです。全てを代行するパターンと、一部の業務を委託するパターンのふたつがありますので、その辺りは状況によって使い分けましょう。

民泊を運営していく上で、どういったことをしなければならないのかや、代行会社に仕事を依頼することで得られるメリットについて説明してきました。もし金銭的にある程度、余裕がある場合は、代行業者へ依頼することをおすすめします。長い目で見た場合、そちらの手段を選んだ方が、運営を長続きさせられる確率が高いでしょう。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.