コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

低価格SIMを使ってスマホの料金を抑えよう!

 

低価格SIMを使って料金を抑えよう

毎月のスマートフォン使用料金は、どうしても高くなりがちです。出来るだけ安く抑えたいけども削ることは不可能だと諦めてしまっていませんか?実は、ある方法を使えば半分程度にまで料金を抑えることが出来るのです。今回は低価格SIMを使った節約方法について紹介します。

スマホ使用料金が高くなる理由

月々のスマホ使用料金が高くなる理由に、パケット通信料が挙げられます。スマホの利用明細を見るとわかるのですが、スマホを使用する上で基本使用料やインターネット接続料などが発生しています。基本使用料などはスマホを利用するためには必要なものであり、毎月金額は一緒です。

しかし、パケット通信料に関してはデータ量が多ければ多いほど金額も増えていきます。パケット定額など使用頻度によって料金を設定するプランを設定することもできます。それでも毎月にかかるお金は変わりませんし、無駄にお金を払う月も出てきてしまいます。削れる部分だけ削ってみてもまだ料金が高いと思います。SNSの普及で一日の平均ネット利用時間も増え最近では通話もアプリを使用して行う機会も増えてきたため、一層データ量は増加していくとみられます。

低価格SIMを使おう

スマホ使用料金全体を抑えるために、低価格SIMまたは格安SIMを使う方法があります。まずSIMとは、ネットや通話をするために必要なものでSDカードぐらいのサイズのものです。

格安SIMは、大手の会社が携帯会社の回線を使ってネットや通話のサービスを低価格で提供しています。大手の会社も名のしれたところばかりで携帯やスマホに関わりのなさそうな会社もあります。他の会社の回線を使っていることから一見、粗悪なものだと勘違いしてしまいますが実際にはそこまで差がありません。

格安SIMのメリット、デメリット

低価格で利用することの格安SIMのメリット、デメリットについて紹介します。まずメリットとしては月額料金をかなり抑えられることです。試算によれば、半分以下にまで抑えることができます。低価格にも関わらず、通話や通信の質が落ちることもありません。また電話番号が変わることもありません。

通常、携帯会社で契約をすると2年縛りで途中解約する場合には違約金が発生しますが、格安SIMであればいつでも解約をすることが可能です。続いてデメリットについては、通話料が高くなります。携帯会社ではかけ放題の様なプランが導入されておりいくら電話してもお金は定額のままとなっています。格安SIMの場合は、通話時間がかかる度に加算されていきます。SIMカードの挿入後には、APNなどの設定を自分で行う必要があります。スマホによっては製品保証がなくなり、どこにでもある携帯ショップも少ないため相談がしにくくなります。

格安SIMに向いている人、向いていない人

格安SIMは、全体的に料金を抑えられるのでますます使用する人が増えてくると思います。「では私も」と格安SIMを買う前に一度スマホの使用頻度などを確認してみましょう。デメリットにあったように通話料に関しては、かけ放題の様なプランがないため通話時間が多い人ほど料金がかかります。通話を多くする人であれば携帯会社のプランで使用する方がお得なこともあります。

また、キャリアメールがなくなるので、キャリアメールが必須とされるサービスを利用できなくなることもあります。携帯会社の様にショップがあちらこちらにあるわけでもないので、故障や紛失の際に十分なサポートを受けることもできなくなります。

格安SIMを使えば全体的に使用料金が抑えられますが、通話やネットに利用回数や頻度によっては格安SIMが向いていないこともあります。一体どうやって使えばお得にスマホを使えるのかを格安SIMの使用も視野に入れて考えてみましょう。

 - 電話料金・電話通信費のマメ知識

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.