コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

不動産管理の専門家・賃貸不動産経営管理士とは?

 

賃貸不動産経営管理士とはどんな資格?

マンションやアパートなどの不動産物件は、年数を重ねるごとに老朽化します。
入居者が安心できる生活を送るには、適切なかたちで建物を管理しなければなりません。その管理業務に精通するのが、賃貸不動産経営管理士です。
今回は、不動産の管理者なら是非とも取得しておきたい資格である賃貸不動産経営管理士についてご説明します。

賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは、いわば不動産管理の専門家です。
マンションやアパートなどの賃貸住宅の管理に関する知識や技能、ノウハウを持っています。
賃貸住宅を適性に維持し、管理しないことには、入居者の快適な居住空間は守られません。借り主の大切な住まい環境を保証し、物件の資産価値の維持することが、賃貸不動産経営管理士に求められます。

昨今では、不動産投資で資産運用の計画を立てる人も増えています。
また、部屋や建物の管理を巡る貸し主と借り主のトラブルも後を絶ちません。不動産管理の社会的なニーズは年々高まっており、そのような期待に応えるためにも、不動産管理のエキスパートを養成する資格は重要です。
ちなみに現在まで、約3万人の有資格者が生まれて賃貸不動産の管理業務に携わっています。

この資格でどんな業務が可能?

賃貸不動産経営管理士は、家主と管理業務の契約を結んで、不動産管理に関するさまざまな業務を請け負います。
マンションの外壁や屋根、エレベーターなどの共有部分などに補修の必要性が認められれば、業者を手配して工事スケジュールを管理します。また、法律に準じた定期点検やリフォームに加え、建物の清掃、クレーム対応なども任されます。
入居者が退去すれば、部屋の原状回復に関する工事計画も担当。マンション管理の総合プロデュースが彼らの仕事です。

国土交通省は「賃貸住宅管理業者登録制度」を告示し、賃貸住宅の適正管理とその重要性を訴えています。
借り主・貸し主双方の利益を保護するためにも、不動産管理の専門家である賃貸不動産経営管理士は重要な役割を担っています。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.