コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

上座と下座はどっち? 席順マナーについて

 

マナーとして知っておきたい上座と下座

席順にも、ビジネスマナーがあります。
上座と下座の違いについての理解がないと、知らず知らずのうちに取引先に非礼を働くことも。ここでは、来客時・訪問時で大切な上座と下座についてご説明します。

無人のオフィス

席順のマナー

席の座り方にもマナーがあり、ビジネスの社会では企業間の関係や職場の上下関係で上座になるか、下座になるかが分かれます。お客さまや目上の立場にあたる人が上座で、お迎えする立場や目下の立場にある者が下座におさまるのが決まりです。

しかし、シチュエーションによっては、立場が入れ替わる場合もあります。たとえば、クライアントの職場を訪問して出迎えられる時。この場合、訪問する側がお客さまという立場ですので、得意先であっても案内されれば上座に座るのがマナーです。

上座と下座の位置は?

一般的に、どの部屋も入り口から近い席ほど下座で、遠い席ほど上座になります。
和室・洋室関係なく、お客さまを迎える立場であれば、入り口からもっとも遠い席に案内します。

タクシーを使って移動する際、上司や取引先担当と同席することもあるでしょう。
タクシーの座席においても上座・下座のルールがありますので、しっかり覚えておく様にして下さい。

タクシーの場合、運転席の後ろが最上位の上座、助手席が下座です。
後部座席の席順は、助手席の後ろが2番目の上座で、真ん中の席がその後に続きます。
その中でももっとも目下にあたる新入社員であれば、助手席に座ることになります。

また、エレベーター内にも、上座・下座のルールがあります。
エレベーターに入って扉の前に立つと、右前に行き先ボタンを押す表示盤があると思います。
このボタン表示の前が下座になり、その対角の位置が上座にあたります。

乗り降りの順番ですが、基本的に乗る時も降りる時もお客さまや目上の人が先です。
ただし、エレベーターの案内役がいない場合は、先に降り、ドアを手で押さえて案内する心配りも、新入社員や目下のビジネスマンが持っておきたいマナーの1つです。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.