コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

電話秘書サービスとバイリンガル電話秘書サービスの違い

 

バイリンガル電話秘書というサービスについて

電話秘書サービスは、英語での対応を行ってくれるプランを提供している企業もあります。
そういうプランのことを英語対応可能な電話秘書サービス。と呼ぶこともあります、中には分かりやすくバイリンガル対応できる電話秘書サービスと読んでいるところもあるのです。
そこで今回は、バイリンガル電話秘書サービスについて解説していきます。

海外のビジネスマン

バイリンガル電話秘書サービスの特徴

海外との繋がりがある企業の場合、英語や外国語の言語スキルが商談などの会談の際には必要になります。
ですが、社内に英語が堪能な人材が豊富にいなかった場合、出張へと同行させれば社内の対応が回らなくなります。例えば、この時海外から電話による問合せがあっても、英語が分からないためにまともな対応もできない。
それを回避し、そういう穴を塞ぐためにバイリンガル電話秘書サービスというのを利用される企業も少なくありません。

基本サービスは変わらないのか?

バイリンガル電話秘書サービスと基本的な電話秘書サービスの違いとはなんでしょうか?
それは英語が扱える、という部分にあります。つまり、他の部分では異なる部分がほとんどないと言えるのです。
電話応対スキルであったり、対応方法、対応マニュアルなどに違いはありません。
つまり、日本語での電話対応をバイリンガルのオペレーターが行ったとしても見劣りするような対応は発生しません。
バイリンガル電話秘書サービスを利用検討されるお客様からよく聞かれる質問に
「日本語での電話対応は問題ありませんか?」
というものがある。

確かに英語での電話対応が完璧に出来たとしても
それを日本人の企業側へと伝える時に、正しい日本語でなかったり
的確な日本語での対応ができなければ、英語の真意が伝わらなくなります。
それは契約を必要とする時に些細な言葉の行き違いによって契約自体がダメになってしまう
可能性すらあるわけで、しっかりとした日本語が使えるのかどうか。
という不安も十分にわかるわけです。

そんな時に紹介するのが、上記のように違いは英語が話せることです。と伝えるのです。
バイリンガルができるからと言って、日本語の対応が疎かになっているわけではないのです。

バイリンガル電話秘書サービスの料金設定は?

基本的にバイリンガル電話秘書サービスの料金設定は、意外にも通常の電話秘書サービスの料金より圧倒的に高いということもありません。もちろん、プランによって大きく変動しますが、多少高くなるオプション程度と考えておいて差し支え無いでしょう。この辺は、利用する企業によっても変動します。安い料金でバイリンガル電話秘書サービスが利用可能だからというだけで決めてしまうのは危ういです。
しっかりと信頼にたるかどうかを考えた上で、契約を結びましょう。

英語やその他の言語を扱える人によって、サービス向上を狙っている秘書サービス業者も数多くあります。現在では、海外企業の発展、日本記号の海外進出などにともなって、外国語は重要になってくるでしょう。そんな中で、バイリンガル秘書サービスは、非常に便利なサービスとなっています。ちょっとしたサポートとして利用するのも悪くないのではないでしょうか。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.