コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

外国語人材のコストはどれくらいかかる?

 

外国語堪能な人材のコスト考えたことがありますか?

「外国人のお客さまも増えてきたことだし、英語が話せる事務員を雇おう」
外国人旅行客や在住者が増えてきた昨今、この様な人事に関する課題は珍しくないかもしれません。しかし、ここで注意したいのがコスト面。外国語人材の派遣または直接雇用は、通常の人件費よりはるかにコスト高になることが予想されます。外国語人材を派遣会社で雇う場合、どれくらいのコストがかかるのか、電話代行のサービス利用と比較して考えてみたいと思います。

外国語人材はコストがかかる?

人材コストは、スキルと経験値に比例するものです。
特殊なスキルを持った即戦力を一人雇うだけでも、そのコストは大きく跳ね上がるでしょう。

英語スキルやバイリンガル能力を持った人材も、立派な即戦力として扱われ、それに比例してコストも上がります。1日、2日のスポット採用ならまだしも、中長期で雇用する場合はランニングコストとして計算しなければなりません。それは直接雇用に限らず、派遣会社を利用する場合も同じことがいえるでしょう。

外国語人材スタッフを派遣・紹介するのが専門の派遣会社を例に考えます。
帰国子女など、英語力堪能な人材や新卒、第2新卒を派遣してもらう場合、その時給は2500円。実働8時間、月20日勤務として計算すると、毎月400,000万円のコストが発生します。

もちろん、これは特定の派遣会社の例ですので、一概にはいえないものの、それ相応のコストアップになる面は否めません。

電話代行の利用だと、サービス料金のみ

外国語スキルが必要な職場といえば、外資系企業の営業や国際的なホテルの従業員、観光施設のガイド、客室乗務員など。その中にはもちろん、派遣や一時的な採用ではなく、新卒から雇用してしっかり養成する職種もあるでしょう。

単純に考えれば、電話応対のみ任されたスタッフが、客室乗務員のスキルや資格を持つ必要はありません。電話応対において英語の話せる人材が欲しければ、派遣会社に依頼するまでもなく、それに特化したサービスをチョイスするのが合理的であり、コストダウンも見込めるのではないでしょうか。

当社でも、英語スキルを持ったスタッフによるオペレーションサービス『バイリンガル 電話代行』をご用意しております。高い人材コストを払うことなく、サービス料金のみでバイリンガル対応が可能です。
「電話番のみ、英語力が話せるスタッフを置きたい」。そんなご要望があればぜひご相談下さい。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.