コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

不動産会社にはどんな種類がある?

 

不動産を扱う会社について

家を買いたい、売りたい時に利用する不動産会社ですが、一口に不動産会社と言っても実は様々な種類があります。今回は、建物の建築時点から考えて、不動産会社にはどの様な種類があり、また私たち個人が家を売ったり買ったりする時には、どの様なポイントを持って関わる不動産会社を見つければよいのか、紹介していきたいと思います。

建物の建築段階で関わる会社

もしかしたら買主が直接顔を合わせることはないかもしれませんが、不動産は建築の段階から考えると様々な会社が関わっています。新築マンションであれば、デベロッパーと呼ばれる開発会社が土地探しから行って計画を立て、実際の施工はゼネコンが行います。売買に関してはデベロッパーが自ら行うか、販売代理会社に委託して行われます。新築一戸建てであれば基本的にはハウスメーカーか工務店主導で建設が行われますが、大きなエリアに複数の一戸建てを建築する場合などに、デベロッパーが関わる場合もあります。

主導となった会社が自社物件として販売したり、販売代理会社に委託する場合、また仲介業者に委託する場合もあります。中古物件であればリフォームをする会社が関わってくるかもしれません。リフォームから販売までをサポートしてくれる仲介業者もあります。ハウスメーカーが建築し、委託した物件を仲介業者を通して購入する場合はハウスメーカーと直接関わることはないかもしれませんが、これまでに起こした欠陥トラブルなどについては調べておく必要があるでしょう。

3つの取引態様

そうして様々な会社が関わって建築された不動産の、所有者と販売者との関係性は複雑です。関係性が所有者と販売者が一致している場合を考えてみます。先ほど述べた、不動産を建築したハウスメーカーが自社物件としてそれを販売するようなケースです。販売している会社は売主もしくは貸主となり、直接売買するので仲介手数用はかかりません。

販売者が販売代理会である場合は売主・貸主に物件を委託されており、そちらに手数料をもらうため買主・借主側には手数料がかからないことが多いです。仲介業者は、売主と買主もしくは貸主と借主の間に立って仲介業務を行います。仲介業者に頼んだ場合、まず間違いなく仲介手数料がかかります。

賃貸の不動産屋さん

ここまで、不動産を建築して販売に至るまでに関わる不動産会社の仕事を見てきましたが、個人が不動産の賃貸契約をしたいとなった時には、まず駅前などにある不動産会社の店舗に出向くのではないでしょうか。この店舗にも経営主体によって区別があります。

まず1つは、大手不動産会社による支店もしくはフランチャイズ店です。扱う物件数は多いものの、他社物件が多く融通が利きづらいという特徴があるようです。大手は大手でも地元大手というレベルであれば、同じ地域に複数の支店を持っていたりします。地域密着ということで家主さんとの付き合いが長かったり、信頼関係を築けていることが多いようです。そのため家賃の交渉が可能であったり、入居後のトラブルにすぐに対応してもらえるというメリットがついてくるようです。逆にデメリットとしては、新入社員がいたり、社員にノルマが課せられているせいで営業を強引に感じるケースが目立っています。

最後に、身内だけで経営していたりする小規模な不動産屋さんです。大きな都市でなくても探せば見つかるはず。扱っている物件数は大手の支店などにはかないませんが、古いものや不人気な物件が多いため、賃料が安い物件を探している人にはおすすめすることができるという側面があります。また家主との付き合いが深く大手では扱っていない物件があって、探せば掘り出し物件が見つかるかもしれません。

不動産会社の様々な種類と、役割、個人が買主・借主側に立った時に押さえておきたいポイントについて紹介しました。建築時点から考えると非常に多くの会社が関わるのが不動産業界ですので、直接顔を合わせない過程で関わっている会社のことも調べてみて下さい。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.