コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

インターネット料金節約のための知識と要点

 

インターネットを使っていく中での節約術

ひと口にインターネット料金と言っても、その内分けは色々とあります。プロバイダーや携帯電話などもそれにあたります。どういう項目があって、どこなら節約できるのか。そしてどうやって節約するのかを「フレッツ光」を例に上げて契約についてを見ていってみましょう。

インターネット料金は大別すると4つに分けられる

家庭全体で利用しているインターネット料金は4つに分けられます。
1つ目はインターネットの回線にかかる料金です。フレッツ光などがコレにあたります。月々にかかる費用は2500円から4000円が相場と言えるでしょう。
2つ目はプロバイダ料です。大雑把に言えば、契約したフレッツ光の回線をインターネットに接続してくれる会社です。月額で500円から2000円ほど払っているはずです。
3つ目はひかり電話です。これはオプションで設定するので全員というわけではありませんので、利用しているご家庭に限ります。費用としては500円から2000円の月額利用料がかかっています。
そして、4つ目に出てくるのが、スマホやタブレット、携帯電話などの利用料金です。契約プランや使い方で大きく差が出ますが、月額で1000円から8000円が相場と言われています。また、家庭の人数やスマホやガラケーなどでも異なることになります。
ではこの4つの家庭のインターネット利用料金の中で、節約できるものはどれでしょうか。
実は、全部節約できる余地があるんです。

ネットの回線料金を節約する

回線使用料は、多くの場合レンタル機器を利用したり、オプションサービスをつけた場合は別途料金が発生します。普通に契約を進めるとだいたい幾つかのオプションやレンタル機器を使うことになるので、これで基本料金よりも高い金額を払っている場合があります。
ネット上でのセキュリティサービスやリモートサポートなどは有料サービスの場合がほとんどです。使っていて悪い影響があるものではないのですが、不要なものであれば解約してしまいましょう。解約方法は契約会社のホームページから行える場合が多いので、一度ホームページを確認してみましょう。レンタル機器については、ひかり電話の項目とも内容が重なるので後述します。

プロバイダは変更可能

回線の乗り換えを行いたいという場合は回線工事など、時間も手間もかかります。ですがプロバイダの乗り換えだけなら契約の手続きだけで簡単にできます。最初にあげたように、安いプロバイダは月々500円ほどで契約することができます。キャンペーンを行っているところも多く、タイミングを見て乗り換えればよりお得な状況にすることも可能です。
注意点としては、プロバイダの契約でも不要なオプションがデフォルトでは加入にされている場合があること、サービスの充実については値段相応になることなどがあげられます。

ひかり電話はレンタルのみ、買い取り不可能

ひかり電話対応機器は、基本有料です。そしてレンタルのみで買い取り不可能なので、ひかり電話を使い続ける限り永久に払い続けることになります。年に1万円にも満たないとはいえ、無視できる額でもありません。この使用料はフレッツ光に払っていますが、光コラボという方法です。
これはプロバイダがフレッツ光から回線を借りて、回線使用料とプロバイダ料金をプロバイダにまとめて払うという、支払先を一箇所にできる制度です。使う機材やインターネット環境は変わりませんが、光コラボの提供者によっては機器のレンタル代を取らないところがあります。そういう光コラボ提供者と契約した場合、フレッツ光とご家庭との間に直接の契約がないので、レンタル代が発生しないということになります。
ネット回線利用料のところで書いたレンタル機器もコレに準じますので、ひかり電話を使っていない家庭でも、フレッツ光回線を利用している場合は調べてみる価値があります。

スマホ代の節約は格安SIMへの変更

家族全員がdocomo、au、softbankのSIMを使っていた場合、1人が格安SIMに変えるだけで、1年で数万円単位での節約ができます。SIMカードとは契約者の個人情報や電話番号といったデータがひも付けされたデータカードで、他人のスマホとこのカードを入れ替えれば、他人のスマホで自分の電話番号での発着信ができるようになります。格安SIMにする場合、キャリアメールが使えなくなる、通話料が高くなる、通信量制限が厳しいなどデメリットもありますが、ほとんどはアプリや使用者の工夫で対応できるものですので、節約を考えるなら十分候補にあげられます。

スマホの普及によりインターネットに触れる人は急激に増えました。その分ネット代に関する悩みも多く聞くようになりましたが、その分工夫しようという人の数も増えています。今後も色々と状況が変わるだろうネット関連ですが、節約術も対応したものがどんどん出てきそうですね。

 - 電話料金・電話通信費のマメ知識

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.