コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

電話受付の代行で、お問い合わせの多い地域

 

様々な地域で利用することができる電話代行のサービス

企業が経済活動を行う上で、重要になるのは立地です。経済活動ができる場所を基本とすれば、企業の多くは都市部でもある東京や大阪などに集中します。
ですが、企業だけがそこにあるわけではありません。そして、電話代行を必要にするのはこれから大きく発展しようとしている地域なのです。結果としてお問い合わせが増えて来ているのは福岡や名古屋などの地域だったりします。

nagoyajyou_nagoya

名古屋市からのお問い合わせが多い理由

名古屋市はよく調べてみると、都道府県別の法人数や事業所数が例年上位に入り、東京や大阪に追い付けとばかりに年々件数を増やしています。
そう言ったこれから成長を始めようという都市部は電話受付の代行を利用する企業も増えていて、お問い合わせが多いと考えられます。次々と新興企業が増えている名古屋市は、今後大きな市場になるかもしれません。
そういう意味では弊社で提供している「愛知県」の市外局番を利用する。という企業も増えてきています。

福岡市からのお問い合わせが多い理由

事業所数などで名古屋市の次は福岡市が、という流れにはなりませんでした。その視点で行くなら横浜市や札幌市の方が多く、新興企業が増えているというわけではなさそうです。
ですが詳しく調べてみると、福岡市には中小の零細企業の割合が多く、独立企業やベンチャー企業の支援、企業の誘致などを自治体が積極的に行っています。
積極的に地域に企業を集めているため、電話代行としての需要もあり、問い合わせが増えていると考えられます。

通話距離による通信費の懸念が解消されつつ有ります

現在、日本全国一律、同じ通信費で通話ができるサービスが広がっています。
電話回線の種類や通信会社によって、距離がまったく関係ないという契約ができたからです。これで電話受付の代行は近い業者がいい、という考えは古いものになっています。
例えば鹿児島県の業者が、大阪府にある電話受付の代行企業を利用した場合と、大阪にある弊社「電話代行サービス(株)」へと代行を利用した場合。どちらも必要になる通信費は同じです。通話距離を気にしなくて良いとなれば、都心だろうと地方だろうと関係なく、代行企業へと依頼が出せます。
こうした外部要因も、名古屋市や福岡市、それに続く各都市から問い合わせが増える一因だと考えられます。

電話受付の代行は、大企業はもちろん中小企業やベンチャー企業にも大きな効果をもたらすサービスです。それらの企業に合わせたサービスを提供できる柔軟なプラン設定が、大きな鍵を握っていると言えるでしょう。
問い合わせ地域をまとめたデータなどが、意外な活躍をするかもしれませんね。また、距離の問題が問題にならないなら、コールセンターなどの一定のスペースを必要とする施設は、都市部よりも地方都市などの方が設置しやすくなるかもしれません。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.