コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

ビジネス実務法務検定とは?

 

ビジネスの現場で役立つ実務法務検定

ビジネス実務法務検定という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが、企業に法令遵守が求められている現在、その実用性は高まっています。この記事では、ビジネス実務法務検定の内容について詳しく解説していきます。

法務の知識を習得できる!

ビジネス実務法務検定では、法務部門だけでなく営業、販売、総務、人事などのあらゆる職種で必要な法律知識を習得することができます。

正しい法律知識を身に付けることで、業務上のリスクや会社へのダメージを防ぎ、自分の身を守ることもできます。では、受験する際にはどんな知識が求められるのでしょうか。

3級取得に必要なのは、ビジネスという世界で生きていく上で業務上理解しておくべき基礎的法律知識です。3級は業界の入門レベルの知識となるので、しっかり勉強する必要があります。

2級は企業活動の実務経験があり、外部専門家への相談といった、一定の対応ができるなどの法律実務知識を有していることが前提です。管理職を目指す方や現職の方におすすめです。

1級は業務上必要な法律実務知識をビジネス全般にわたって持ち、それに基づいて高度な判断や対応ができることが前提です。法務部門に携わる方におすすめです。

ビジネスセミナーの講習会の様子

資格の取得難易度は?

次に、ビジネス実務法務検定の難易度についてご紹介します。近年のデータでは、各級の合格率は「1級:10.1%」「2級:37.1%」「3級:67.8%」と算出されています。試験の実績を参考資料として取り入れている企業や、能力評価の参考にしていることも多くあります。

実用性について

次は、ビジネス実務法務検定の実用性について紹介します。企業によっては社内資格化したり、能力評価の参考にするところもあり就職や転職の際にも有利となる可能性があります。実務的にも大きなスキルになります。注目したいのは、資格としての価値より取得した実績です。法学的知識を携えた人は会社にとって注目株であり、様々なビジネスシーンで活用することができます。

取得難易度、実用性が共に高いビジネス実務法務検定

社員一人ひとりがコンプライアンス意識を持つことが重要になっている現在、ビジネス実務法務検定で得た知識は大いに役立ちます。この高難易度で実用性や応用性の高い資格は、人生において大きなアピールポイントとなるでしょう。

ビジネス実務法務検定について詳しく紹介しました。取得した知識はビジネスシーンでも大いに役立つこと間違いなしです。

 - 電話代行の種種雑多

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.