コラム~電話代行、秘書代行に関連したより良く理解が進むコラム~

コラム

コラム:電話代行サービス(株)スタッフによるコラムです。

もしもし検定過去問:電話代行の電話代行サービス(株)1月でもっとも読まれたコラムは?

 

電話代行サービスのコラム記事で最も読まれたもの

いつもお世話になっております。「もしもし検定の過去問を電話代行サービス(株)のオペレーターが解説」のコラムを担当させて頂いているKと申します。

syougatu_happy_new_year

ここしばらく更新が滞ってしまいまして申し訳ございません。言い訳で申し訳ございませんが急ぎのお仕事がありまして、更新がままならなくなっておりました。久しぶりの更新ではありますがもしもし検定の過去問紹介はちょっとお休みさせて頂きます。

さて、ここから本題なのですが、1月のアクセス数を確認させて頂いたところ、妙な形跡を見つけました。「1月20日」「1月28日」共にどうしてが閲覧数が大きく増えているのです。いろいろと調べてみたところ、先日の「2月4日」が2級の試験日だったようです。

もしかすると、2級の問題を求めて弊社サイトへといらしてくれていたのでしょうか?そういうことなら、2級の問題をもう少し厚めに紹介することができていれば…。皆様の期待する情報を紹介することができたかもしれません。今となってはせんのないことですが…。

とはいえ、弊社で紹介している2級、1級の過去問題は「公益財団法人 日本電信電話ユーザー協会」様が刊行している過去問題集を元にお届けしております。しかし、考え方などは弊社独自の視点です。実際の試験では誤りであったり、解答の踏み込みが甘い部分もあるかもしれません。あくまで1つの対応策、シミュレーションとして考えて頂ければと思います。つまり、「ダメ!丸暗記」ということです。もしもし検定が目指すのは、合格者を増やすことではなく、電話応対という目に見えにくい技術を習得することです。丸暗記ではなく、自身の力として身につけ、それを常時使えるようにすることが目的だと私は思っています。
しっかりと勉強して、同じ状況ならこんな対応があるのか、というシミュレーションとして利用頂ければ。そう思っています。

次はもしもし検定1級の試験日を控えているようです。次の更新時には1級の問題を紹介できたらと考えています。それでは皆様、試験勉強頑張ってください!

 - もしもし検定の過去問をプロが解説

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.