電話代行サービス(株)のスタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ:電話代行サービス(株)スタッフによるブログです。電話代行業務の日常をつづります。

不動産専門の電話代行サービスとは?通常の電話代行サービスとの違い

 

電話応対にまで人員を割けない中小企業が多い中、問い合わせなどに応対してくれる電話代行業が注目を集めています。とくに不動産業者にとって、不動産専門の代行サービスは信頼出来るパートナーとして欠かせない存在です。通常の電話代行との違いは何か、詳しく見ていきます。

不動産電話受付を行う電話代行

通常の電話代行サービスとは

小規模な企業では、電話の対応のためだけの人員を常に配置しておくことは困難です。そのため、通常の業務や来客対応、ちょっとした離席時などに問い合わせがあっても電話をとることができず、顧客獲得の機会損失の恐れがあります。また顧客からの電話であれば、出られなかったことで信頼を失う可能性もあるのです。そんな事態を防ぐため、外部からの電話にオペレーターが応対し、受付として機能してくれるのが電話代行業ということになります。電話応対のプロが行うため、企業イメージを損なわずに相手からの質問や希望を受け、企業側にフィードバックしてくれるのです。料金も自社で人を雇うよりずっと安いため、時間と費用を節約しつつ外部からの電話を処理できます。

通常の電話代行には弱点も

電話代行サービスはコストパフォーマンスに優れた受付ですが、弱点も存在します。企業を運営していくうえでは顧客、同業者、取り引き業者、営業などさまざまな相手からのアプローチが予想されますが、どのような相手にも「質問内容を聞き、電話番号を確認して折り返す旨を伝える」という画一的な対応しかできない点です。電話に出ないというよりは良いですし、問い合わせの少ない業種であれば問題も起こりにくいでしょう。しかし、顧客などからの質問ややりとりが多い業種では電話口で答えることができず、信頼を損なう恐れもあります。とくに、不動産業は家主や借り主、内装業者など多様な相手と密に連絡をとる必要がありますので、もう少しきめ細かなサービスが求められるのです。

不動産専門の電話代行サービスとは

不動産の電話対応

不動産専門の電話代行サービスに依頼すれば、紋切り型の対応に終始することなく、オペレーターがその場で相手の質問に的確に答えることが出来ます。不動産業、特に売買のケースでは一件当たりの利益が大きいため機会損失は大きな問題です。すぐに返答できなかったがために、新規の顧客が他に移動してしまうのを防ぐことが重要です。しかし、だからといって知識の無い担当者が応対をすれば間違った内容を伝えてしまう恐れもあり、そういったリスクも無視できません。専門の代行サービスであれば、不動産の各業務、実務に精通したオペレーターが電話口に出てくれるため、問い合わせのあった顧客をしっかりとつかむことができます。もちろん家主やオーナー、入居者からの連絡にも適切に応じられるため、安心して任せられるのです。

不動産専門の電話代行サービスならこんな応対が可能

不動産の電話代行

社員の手がふさがっているときでも、外部からの電話は待ってくれません。通常の電話代行であれば、用件を聞いたのち「折り返しお電話します」と伝えて社員の手が空くのを待つだけですが、専門サービスであればその場で相手の求める情報を提供可能です。たとえば、不動産会社からの「内見に関しての質問」や、入居や購入希望の顧客からの「図面をFAXしてほしい」、「価格や内装の状態確認」などの要望にもすぐに応えることができるため、相手の満足度を高めることが可能です。通常の電話代行よりやや料金は上がりますが、専門知識を持ったエキスパートを雇うことと比べれば非常に安価です。企業にとって依頼は大きなメリットと言えるでしょう。

電話応対は基本的な業務ではありますが、だからといって専門知識のない業者に丸投げしていると顧客からのイメージも落ち、結果的には企業の損失をなることもあります。不動産業であれば、その分野の専門知識を持った電話代行サービスに依頼しておくと、問い合わせの相手の満足度を上げ、機会損失を防ぐことが可能です。こういったサービスを賢く利用することが、業績向上の一助となるでしょう。

 - 営業担当者

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.