電話代行サービス(株)のスタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ:電話代行サービス(株)スタッフによるブログです。電話代行業務の日常をつづります。

外資系企業におすすめ!『バイリンガル 電話代行』

 

英語対応に困った、そんな時すぐに活用できます

英語・日本語どちらの言語にも対応できる『バイリンガル 電話代行』。こちらは、英語力の面で課題を抱える外資系企業にこそ、ご利用いただきたサービスです。今回は、外資系企業と『バイリンガル 電話代行』の相性がよい理由と、当サービスの特長やメリットについてご説明します。

英語を使う外資系企業

外資系企業に英語力は必要ない?

外資系企業に対し、「経営者も株主も外国人で、社員もほとんど外国人」というイメージをお持ちではないでしょうか?

外資系企業とは、一般的に株式比率の多くを外国人、または外国企業が占有している日本企業をいいます。具体的に比率がどれくらいかという決まりはありませんが、ポイントは株式比率で、経営者の国籍や従業員の外国人比率は関係ありません。

外国人が日本企業の株をたくさん保有すれば、その企業は外資系となります。そのため、海外展開もせず、お客様は100%日本人という企業でも、外資系企業となる可能性は十分あります。

外資系企業といっても、従業員はすべて日本人で、サービスの相手も日本人であれば、英語力がなくても問題ないでしょう。実際、「外資系企業だからといって必ずしも英語力は必要としない」という声も多く聞かれます。

ただし、「英語力は必要ない」という考えはすべての外資系企業にあてはまるかといえば、そうでもありません。株主が変われば経営方針も変わるかもしれませんし、経営陣や上層部も一新される可能性はあります。取引先に外国企業が加わることも十分考えられるでしょう。その様な状況になれば、英語力を持つ人材も必要となるかもしれません。

英語力を持つ人材

不足する英語力を、『バイリンガル 電話代行』でカバーする

電話代行サービス(株)の『バイリンガル 電話代行』は、英語の読み書きスキルを持つオペレーターが電話応対するサービスです。当サービスは、英語を話せる人材がいない外資系企業ほど、利用価値があるといえるかもしれません。

株主が外国企業に変わり、外国人のクライアントが増えたからといって、すぐに英語を話せる人材を確保するのは難しいでしょう。『バイリンガル 電話代行』の利用で、少なくとも企業窓口は英語力を持つ人材で固めることができます。

下記の様な悩み・課題を抱える外資系企業に、『バイリンガル電話代行』はおすすめです。

  • 株主が変わったことで外国の取引先が増えた
  • 将来的には英語を話せる人材を育成したいが、とりあえずはアウトソーシング活用で対応したい
  • 電話対応する事務員だけ英語を話せればよいので、アウトソーシングで十分
  • 外国人マーケットを視野に入れて事業展開する方針に切り替わったが、まだ準備不足で英語スキルを持つ人材の獲得まではいかない

今は必要なくても、将来的には外国語対応できるスタッフの力が必要となる時期がくるかもしれません。『バイリンガル 電話代行』であれば、新たに人を雇うより低コストですし、サービスの利用開始から迅速にスタッフを手配できます。コスト対策や使いやすさの面でメリットのあるサービスです。

英語スキルだけではない『バイリンガル 電話代行』

弊社の『バイリンガル 電話代行』は、グローバルに事業を展開する企業様を中心に、これまで多くの契約実績を積み重ねてきました。もちろん、スタッフは英語対応に問題ないスキルを持ち合わせています。

『バイリンガル 電話代行』といっても、基本は電話秘書サービスです。英語スキルに加え、ビジネスマナーを理解し、コミュニケーション技術にも長けたスタッフが企業様の電話窓口を担当します。オペレーターは、その企業を代表する顔ですので、何より好印象を持たせるための、丁寧で細やかな対応が求められます。せっかく英語力が備わっていたとしても、電話秘書としての基礎がしっかり備わっていなければ意味がありません。お相手となるお客様が日本人であっても外国人であってもオペレーション品質に差が生じない様、スタッフ教育にも力を注いでいます

外資系の企業様が『バイリンガル 電話代行』を活用することで、新しい顧客層の獲得につながるとともに、既存客に対しても変わらぬ良好なサービスの提供に努めることができます。

オーダーメイドならではの使いやすさ!

電話代行サービス(株)の電話秘書サービスは、すべてオーダーメイドでご注文を承ります。『バイリンガル 電話代行』も例外ではなく、サービス利用の期間や時間帯、報告の回数、タイミングなども、企業様のご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

あいさつやお礼の言葉に使う英語フレーズも、ご指定どおり使用いたします。日本語と同じく、英語もちょっとしたフレーズの違いでニュアンスが変わってしまうもの。どんな文言・フレーズを使用するかは、サービス利用の開始前にきちんとすり合わせを行い、ルールの共有に努めます。

企業様目線でサービスプランを考える『バイリンガル 電話代行』を、外資系企業のスタートアップでぜひお役立て下さい。

 - 営業担当者

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.