電話代行サービス(株)のスタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ:電話代行サービス(株)スタッフによるブログです。電話代行業務の日常をつづります。

弁護士の独立開業の可否を大きく左右する秘書代行

 

電話対応の重要性と秘書代行を利用するメリットをご紹介

現在、法律事務所に勤めている弁護士先生のなかには、独立開業を考えている人も少なくないでしょう。どうすれば成功できるか、いろいろ悩まれていると思います。依頼を受けるためには顧客からの信頼獲得が欠かせません。通常、電話対応が相談者との最初の接点になる場合が多く、きちんとした受け答えが求められます。そこで今回は、独立時に抱える問題点をふまえながら、電話対応時のポイントや心がまえ、また秘書代行を活用するメリットなどについてご説明します。

独立開業を目指す弁護士

独立するか否かは弁護士にとって大きなテーマ

新たに弁護士事務所を立ち上げても、成功する保証はありません。独立するかどうかは、簡単に答えを出せるテーマではないでしょう。

まず直面するのが、初期費用の問題です。事務所を開くためには、物件を押さえる必要があります。机や椅子、またパソコンや文房具など各種備品類も購入しなければなりません。誰かを雇うなら、人件費がかかります。すぐに依頼が来るとは限らないので、ある程度は開業後の運用資金もストックしておかないと、事務所を続けられなくなるでしょう。

資金調達ができても、仕事を取れなければ経営は成り立ちません。独立後は、かつて所属していた事務所が顧客を用意してくれるわけではなく、基本的に自力で探すことになります。これまでに築いた人脈を頼るとしても、採算が見合うほど売り上げを伸ばすのは容易ではありません。

その他にも、さまざまな問題を考えると悩みは尽きず、今後の進路についてなかなか判断できないでしょう。独立の際には、失敗しないための注意点などをしっかり確認し、焦らずに事前の準備を進めていくことが大切です。

最初は電話対応サービスの充実が重要なポイント

独立したばかりの時期は、既存の顧客が定着しているわけではありません。誰からの問い合わせでも、電話対応は将来のお得意さまと接する最初の機会として位置づけられます。

大切な顧客からの電話と考えれば、失礼な態度は好ましくないでしょう。きちんと電話を受けるためには、電話対応の体制を整えておく必要があります。経費節減のため事務員を雇う余裕がなくても、人手が足りず着信に間に合わなければ「なかなか電話がつながらない」と不快に思われてしまうかもしれません。

言葉使いや口調など、話し方にも配慮が必要です。電話を受けても急ぎの仕事が気になり早口で話したら、印象を悪くしてしまうでしょう。会社のイメージ向上のためにも、明るく聞き取りやすい声とスピードで会話するスキルが求められます。

人によっては業務時間外に電話してくる可能性があるなど、さまざまなシチュエーションが想定されます。着信の取りこぼしによりビジネスチャンスを逃さないためにも、電話対応も接客サービスのひとつとして充実させなければなりません。

電話をかけてくる相談者すべてを大切にするスタンスが重要

どの業種でも、事業を開始した当初から顧客の信用を得られているわけではありません。弁護士事務所も例外ではなく、開業して日が浅ければ「依頼しても大丈夫だろうか?」と不安に思う相談者は少なくないでしょう。

最初は依頼するそぶりが感じられなくても、まず信頼関係の構築が最優先といえます。見込みがないと即断せず、他愛ないと思える用件でも丁寧に耳を傾ける姿勢は不可欠です。たとえアドバイスだけで終わっても、労を惜しまず助言すれば相談者は不満を抱かないと思います。ささいな内容でも親身になってくれる弁護士と見なされ、顧客からの信頼確保を期待できます。

どんな相談内容にも真面目に取り組む気持ちを持ち続ければ。この事務所は何を頼んでも安心して任せられると評価されるでしょう。依頼先を探している人の耳に入れば、新規の顧客獲得にもつながります。

『士業専門 電話代行』であれば、士業サービスに即した秘書代行サービスが受けられる

士業専門 電話代行』は、お客さまから信頼される電話対応を心がけています。自身が外出時や依頼者との打ち合わせを行っている時、事務員が雇えない時や昼休憩などの不在時に電話対応ができない。このようなお悩みで、秘書代行の利用を検討している弁護士の方におすすめのサービスです。

専門の対応チームで業務に臨むので、いつでも速やかに電話がつながりますし、たとえ間違い電話でも丁寧に受け答えするので、事務所のイメージを傷つける恐れはありません。利用時間はクライアントの都合に合わせて選択可能であり、いたずら電話やセールスなどの報告不要なコールはカウントを行わないので、余計な利用料金を支払わなくて済みます。

何よりこのサービスは、担当するオペレーターが士業に精通している点が大きな特長です。弊社のオペレーターは、事前研修を通じて用語や業界の理解を深めてから実際の業務に取り組みます。弁護士事務所には裁判所などからも連絡が入るため、電話を対応するには専門的な法律用語の把握が欠かせません。オペレーターは専門知識のある事務員と同じく、スムーズに会話を進められます。

『士業専門 電話代行』は専門性の高い内容でも正しく聞き取り、貴社の信用性向上に努めます。料金設定も必要最低限の範囲にとどめているので、コストを抑えながら良質の電話対応を提供できるサービスとして、独立した弁護士先生を力強くサポートします。

 - 営業担当者

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.