電話代行サービス(株)のスタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ:電話代行サービス(株)スタッフによるブログです。電話代行業務の日常をつづります。

『民泊受付専門 電話代行』で顧客満足度向上と利用客増加を目指そう

 

ホスピタリティ確保に役立つ『民泊受付専門 電話代行』

アベノミクス効果による訪日外国人観光客の急増、2020年開催予定の東京オリンピックを受けた需要増で、今もっとも注目されるビジネスと言っていい「民泊」。既存の旅館やホテルを運営する事業者はもちろん、空き家や不動産をお持ちの個人でも事業に乗り出す人が増えています。

しかし、民泊は部屋を貸し与えるだけのサービスではありません。宿泊の予約受付から、宿までの安全なエスコートまでも担っています。弊社の『民泊受付専門 電話代行』は、幅広いサポート業務で民泊事業に携わる方のホスピタリティ確保に役立てられるサービスです。

具体的な対応例

民泊を利用されるのは、日本人だけではありません。多くの外国人も含みます。そんな環境において、『民泊受付専門 電話代行』では、以下の様な対応をさせていただいております。

・宿泊施設までのご案内
道がよく分からずに、言葉も通じない外国人旅行客であれば、宿泊先のホテルや旅館にたどり着くのも一苦労です。電話で道を聞いたとしても、案内スタッフが英語を話せなければ満足に対応できないでしょう。弊社では、外国人観光客との意思疎通もできる様、英語スキルを持つオペレーターを確保しています。ゲストのお客さまが道に迷うことなく、宿泊施設までのご案内をいたします。

・さまざまな問い合わせにも対応
「ハウスマニュアルを見ても分からない」「最寄り駅や買い物できる施設情報が欲しい」「鍵の開け方、設備の使い方が分からない」外国人のお客さまからそんな問い合わせもいただきます。施設関連の情報、設備関係の知識も、事前研修でしっかり習得しておりますので、あらゆる問い合わせにも対応可能です。

・夜間トラブルにも対応
万が一、施設内トラブルが起きた場合でも、常時スタンバイしているオペレーターが緊急対応いたします。「電気がつかない」「トイレが壊れた」「お風呂のお湯が出ない」などのトラブルが夜間に起きたとしても、24時間365日体制だから安心。すぐに指定業者に手配連絡を行い原状復帰につなげます。

増加している外国人観光客

ホスピタリティを確保するには?

東京オリンピックを成功させるキーワードとして注目されるのが、“おもてなし”です。言葉も文化も異なる外国人に対しても、日本人らしいきめ細かな心使いとサービスで対応する姿勢が求められるでしょう。

外国人が「また日本に来たい」そう思ってくれるために必要なホスピタリティ精神。これは、宿泊施設を提供する民泊側にとって、マスト条件と言っても言い過ぎではないでしょう。そしてその基本となるのは、まず、懇切丁寧な電話対応で受付・案内を行うことです。

たとえば、ホテルの場所が知りたくて電話をかけてきた外国人のお客さまが最初に接するのは、貴社の一員として電話窓口をあずかる弊社オペレーターです。つまり、この場合は弊社オペレーターが最初の“おもてなし要員”となります。ここで万が一、つたない対応でお客さまの印象を悪くすれば、もう二度と同じ施設を利用してくれないどころか、日本に対する印象も悪くなってしまいます。その後の観光も面白くないものになるかもしれません。そういう意味では、電話コミュニケーターの役割は非常に大きく、民泊サービスのホスピタリティを支える大事な要素と言えるでしょう。

そんな大事なミッションを担ったオペレーターは、サービスの品質を失わないために、教育プログラムを定期的に受け、必要であれば個人面談・個人研修を実施して応対技術に磨きをかけています。洗練された応対技術によって、民泊ビジネスにおけるホスピタリティも確保できるのです。

『民泊受付専門 電話代行』が何故可能なのか?

では、何故、民泊に特化した電話代行が可能なのか?それは、以下の2つのサービスの長所を組み合わせたからなのです。

・不動産専門 電話代行
民泊ビジネスを円滑に行うには、物件情報の管理とスムーズな情報提供が欠かせません。それを可能にするのが、『不動産専門 電話代行』です。不動産賃貸業・管理会社をサポートしてきたサービス力を駆使し、民泊事業を強力にバックアップします。物件ごとに情報を厳正管理する手法や、緊急時にも迅速対応できる連絡体制は、物件を提供する事業者の方々から好評をいただいております。

・バイリンガル 電話代行
外国人旅行客がメインターゲットとなる民泊ビジネスでは、英語スキルが必須となります。弊社では、外資系企業や国内の海外居住者を相手に電話応対を行う『バイリンガル 電話代行』を展開しています。なので、外国人ゲストへ宿泊施設までの案内をしたり、施設に関するさまざまな問い合わせに対応するなど、スムーズな電話対応が可能なのです。
遠い異国の地からやってきた外国人にとって、言葉が通じるか、通じないかは大きな違いです。英語のオペレーターサービスがあると言う点だけでも、外国人旅行客に大きな安心感を与える効果があります。このサービスもまた、ホスピタリティを高める大切な要素です。

『民泊受付専門 電話代行』は、これらのサービスとの組み合わせで成り立っています。ご利用を検討される時は、さらに詳しくご説明させていただきますので、弊社相談窓口までお問い合わせ下さい。

 - 営業担当者

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.