電話代行サービス(株)のスタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ:電話代行サービス(株)スタッフによるブログです。電話代行業務の日常をつづります。

こんなことでお困りの時は秘書代行を

 

秘書代行が色々な問題を解決する

「事務員がひとりしかいないのに、電話が大量にかかってきて困ってしまう」そんな悩みを解決してくれるのが、秘書代行です。秘書代行とうサービスはエリアの制限はなく、全国どの地域のお客さまでも利用可能です。また、事務員を雇う人件費よりはるかに低コストなので、電話受付業務の問題解決に最適のソリューションといえます。
本日は、秘書代行で解決できる各種問題について、フォーカスしてみたいと思います。

秘書代行のオペレーター

電話が多すぎて業務に集中できない

会社にとって仕事関係の電話は歓迎すべきものですが、多すぎれば対応に追われ業務に集中できません。作業効率は下がり、ストレスの原因にもなります。その苛立ちが電話の相手に伝わってしまったら、会社のイメージにも影響します。

そんな状況に苦慮されている事業者様には、秘書代行がおすすめです。電話受付に関するサービスは一任できるので、業務負担は減り、スタッフの作業効率はアップするでしょう。熟練の電話応対品質で、企業イメージもアップすることが期待できます。

事務員を雇うほどではないが、電話番は欲しい

電話対応に追われるほど着信が多くなくても、かかってくれば作業は止まります。直接に話す必要がある電話とは限らず、セールス電話などはわずらわしく感じるでしょう。しかし対応しなければ業務に支障が出ますから、電話番は欲しいところです。

そんな希望を持たれている事業者様にも、秘書代行は便利なサービスです。新たに事務員を雇えば電話がなくてもコストは発生し、一通りの教育も必要になるでしょう。しかし秘書代行なら事業者様のニーズに合わせてプランを設定し、無駄な出費を防ぎます。またオペレーターは日頃から電話応対マナーの教育を受けていますから、対応能力を危惧する必要もありません。

携帯電話に転送しているが何かと不便だ

外出する時などに、会社にかかってくる電話を職員の携帯電話に転送している、という事業者様も多いと思います。しかし、その担当職員がいつでも、どの様なタイミングでも電話に出れるとは限りません。例えば、電波の届かない圏外にいる時もあるでしょうし、運転中で出れない、地下鉄に乗っていて出れない、なども想定されます。

それに対し秘書代行は、契約内の時間帯であれば、いつ電話が転送されてきてもオペレーターがきちんと対応します。だから、安心して外出が可能となり、営業活動や商談に集中できるのです。

 - 営業担当者

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.