電話代行サービス(株)のスタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ:電話代行サービス(株)スタッフによるブログです。電話代行業務の日常をつづります。

電話代行のオペレーターが紹介する「定着した誤用敬語」

 

よく耳にする誤った敬語をご紹介

前回の「オペレーター研修でよくある敬語の間違い」では、新人オペレーターの研修でよくある間違いをご紹介いたしました。今回は、世間一般に定着した本来「間違いである敬語」のご紹介です。

作った報告書にミスが発覚

間違った敬語が定着した原因

間違いであるのに、なぜ定着してしまうのか?その理由はファミリーレストランやコンビニなどで使われているマニュアルに起因するところが多いです。

ファミリーレストランやコンビニが日本中に広がり始めた頃は、出店先を探したり、事業を拡大することが重要とされて来ました。そのため、店内で利用するマナーや応対内容に関してのマニュアルは現代ほど整備されておらず、大きな決まり事などがない時代もあったのです。その結果として、店舗ごとに応対マニュアルなどが作成されるようになり、誤った知識の人間がマニュアル作成を行ったことで、一般的な敬語として誤った敬語が定着してしまったと考えられています。

誤った敬語の紹介

それでは、定着してしまっている誤った敬語を紹介致します。

「○○○円からお預かりします」

これも良く使われる敬語ではないでしょうか。正しいのは「○○○円、お預かりします」になります。つまり、「~から~」という部分不要と言えるのです。

「から」というのはその後に何かが続くことを意味し、例えば「1000円からお預かります」となると、お客様に対して細かい金額がないのか催促をしているように受け取られます。昔から不自然と言われながらも、未だに使っている人がいることもあり、なくならない誤用敬語と言えます。

「お召し上がりください」

これもよく使われる誤用敬語の一つと言えます。正しくは「召し上がってください」となります。つまり、「お~」という部分があることで二重敬語になっています。二重敬語というのは、敬語表現が複数登場し重なってしまうことで、表現として不適切であるとされています。

召し上がる」は食べるの尊敬語であり、それだけで敬語になっていると言えます。それに対して「お~」を付けるということは立派な二重敬語といえる訳です。とは言え、実はこの言葉。すでに定着化が進んでしまったことで、「召し上がって下さい」では敬語として弱いように感じられ、二重敬語とわかっていながらも、より敬意を表すために、わざと「お~」を付けるという方もいるそうで、日本語の変容が出ているのかもしれません。

このように、敬語というのは大変難しいものです。ほかにもいろいろと注意するべき誤用敬語というのはありますので、さらに紹介をしていきたいと思います。

誤用敬語にご興味がありましたら、引き続き下のリンクから一読下さい。

定着した誤用敬語 お客様対応から出てくる誤用

 - オペレーター

電話代行サービス株式会社

大阪

大阪府大阪市淀川区西中島 4-6-24 大拓ビル9
TEL:06-6390-3939 FAX:06-6390-3938

東京

東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
TEL:03-6743-3555 FAX:03-6743-4555

Copyright (C) 電話代行サービス株式会社 All Rights Reserved.